アルバイト、派遣情報

日雇いバイトとネットカフェ難民

ネットカフェ難民と日雇いアルバイトには深い関係があるようです。

これまで過ごしていた実家やアパートを諸般の家賃滞納や家庭事情などで退去して、24時間営業のネットカフェや漫画喫茶を生活の場としている人たちがいます。

俗に言うネットカフェ難民とはこのようにネットカフェで生活をしながら朝になると日雇いアルバイトに行き暮らしているのです。

ネットカフェ難民は一般的に働く意思を持たない路上生活者とは対照的にそのほとんどの人が働く意思を持っています。

2007年時点で推計され発表されたネットカフェ難民の数は5400人にものぼります。

ネットカフェ難民は幅広い年齢層にわたっています。

50歳代から30歳代の人が多く、驚くことに4割の女性がいるようです。

雇用形態はネットカフェ難民の場合非正規雇用がほとんどです。

日雇い派遣の仕事では、定期的に家賃・光熱費などの数万円のお金がまとまって収入として入ることがまずありません。

日払いのアルバイトの場合、その日の賃金が生活を維持することに使われるだけではなく、毎日仕事があるとは限りません。

このような人たちはナイトパックで深夜の滞在が安価でなネットカフェで、店内にあるシャワーを使い、あくまで最低限の生活を維持しているのです。

住所を持っていないネットカフェ難民は口座を開設することができません。

そのため社会的に不都合な部分があまりにも多すぎることになります。

月々まとまった給与が捻出できないので、必然的にその日暮らしになってしまうからです。

最新記事