札幌南高同窓会南28期卒業生のホームーページです。

WG3-1

このページは、懇親会などのイベントの内容を検討するページです。

認証コード(3884)


コンセプト「卒業式」

8月17日 仮装卒業式は28期が創始者

お盆休みで、引っ越しで出てきてすぐの札幌へ帰りました。最後の日の午後に現在、母校の教諭を務められている中村昌彦君に会って、実行委員会での様子を説明し、意見交換してきました。
内容は、
・展示中心の同窓会を検討したい。いちめんトップで母校の写真がほしい。
・恩師のインタビュー映像がほしい。札南勤務長寿番付を作りたい。勤務期間が入ったリストがあるか?
・百年記念館の資料室を少し見せてほしい。
の3点をお願いし、快く相談に乗っていただけました。
いろいろな成果があったのですが、やはり私としては、仮装卒業式の歴史をたどることとしました。
卒業式の仮装は、我々28期が始めたことが、90年史にも掲載されていました。それまでは、ハッピをそろえるとかはあったものの、「仮装と呼べるのは53年の卒業式から」と明記されています。その後、定番となったものの、5年後の58年には、「卒業式の仮装は自粛するように。」との規制がなされ、その是非について、The Minamikoでは、特集が組まれています。さて、その後は...。中村教諭に聞くと「普通に仮装しているよ。」とのことで、南高の文化になったようです。
卒業式の出来事は、卒業してしまった、我々にはわからないもの。わずかに昭和63年の幌平橋通信(同期会誌)にその年の卒業式の見聞録が載ったくらいです。創始者は我々28期ということを、東京六華2011では、認知を得たいものです。
卒業式資料集

  • 投稿者:牧内 (2010-06-24 (木) 16:46:08)

以下29期のおそらく2004年の同窓会のレポートを見つけました。
私は、卒業式コンセプトでイベントを染めてはどうかと考えています。
おそらく、仮装的卒業式は、我々が最初で、だんだん定番になってきたのではないかと思われます。すると、卒業式は、年代を超えた共通の話題ではないか、と思われるわけです。そこを掘り起こすわけです。

============
道内ニュースでは、札幌南の卒業式は定番で、各社・各局のカメラマン・カメラクルーが大勢やってくる。卒業式の正規なプログラムが終わって、ぞろぞろ引き上げかけたとき、Kくんの声が響いた。あわてて一斉に走って戻ってきたのを覚えている。当時の道内紙には、松本校長に定年証書を授与するKくんの雄姿が遺っている。

二次会は10時過ぎに終了、三次会にも100人以上残り、日付が変わった2時頃終了。あとはいろんな形で四次会、五次会へ。わたしは四次会で帰った。家に着いたのは3時過ぎだった。

かつて卒業式の日に、

もう一生会うことはないかも知れない
と同期の連中について思ったが、今度は本当に

もう一生会えない奴もたくさんいるだろう
と感慨深かった。

コメント


認証コード(3977)

イベントの内容について

  • 投稿者:牧内 (2010-06-17 (木) 17:55:03)

6月12日のイベントをベースに、2011の出し物を検討しましょう。
私は、当日壇上イベントは、必要不可欠最小限にとどめたいと思っています。その代わり、場内の展示をやってはどうかなと、思っています。それから、二次会のための同期会支援ということで、グランドパレスと交渉して、二次会セットを売り出すというのはどうでしょうか?風月には、来年も来てもらい、恩師は呼んでも所在ないので、呼ばない。ただし、この一年間で恩師のビデオを撮りためて、展示で使うというもの。そのためのtwitcastも導入しました。
twitcastとは、動画を簡単にウエブにアップできるツールです。お試しはこちら

コメント

  • 恩師のご招待の実態を公開して欲しいと思います。いずれ、恩師であり同窓生でもある人の献身ぶりにも限界が現れましょう。東京ではもちろん札幌の同窓会にお呼びすることも所在ないという論理、いや本音が見え隠れしていませんか? -- 中明景子 2010-06-19 (土) 15:44:34
  • 実態とは、毎回何人ご招待しているということでしょうか?3人~5人といったところと思います。2009は、山栄、志尾両先生他を招待していた記憶があります。今年は、6人壇上に上がっていましたが、私は知っているかどうかもわかりませんでした。壇上でひとりひとりご挨拶していましたが、誰も聞いていなくてお気の毒のような気もしますし。ぜひともこの恩師と会いたいという人がいれば、意味があるのですが、毎回5人だから5人という感じだと意味ないかなと思ったり。わざわざ来るのも大変だったり、来ても楽しくなかったり..お金もかかるし、というくらいだたら、ビデオ撮りだめの方がいいかな、と思ったりしていていますが、まだまだ議論が尽くされたわけではなく、私の感覚です。 -- まきうち 2010-06-22 (火) 23:14:09
  • 恩師に来てほしいか、ほしくないかは、言葉がたりないとずいぶん不人情に見えますね。これは、文字にするべきことではなかったかもしれません。中明さんがこれを読んだだろう時点で、このあたりの内容は、修正します。そんなに何人も見ていないだろうし。 -- まきうち 2010-06-22 (火) 23:17:34
  • ビデオ撮りだめは、現在の私たちが積極的に恩師との関わりを持とうという意欲と恩師の方でも関わり合おうかなという気持ちが合致して出演可能という、新規まき直しのようなおもしろさがあります。実行してみる意義はありそうですね。決して愛されキャラではない南高生に多少手を焼かされた過去があっても、老齢に差し掛かって教え子の世話になるのも楽しみでしょうし、退職後の趣味などで同窓生と関わることも多いと思います。そんな縁を今後も大事にしようと思い、なおかつ、お元気な先生はわざわざ来てくださるのですから、ご招待は例年通りしておいていいかなと思います。「あなたが南高の教師だったら同窓会に招待されるのですが・・・」こんなバーチャルゲームを想像できるのも年の功ですね。それと南高生の親御さんの活躍をもっと期待したいのですが、子どもがらみの気苦労を推し量ることができるので、無理強いはしません。 -- 中明 景子 2010-06-24 (木) 11:04:20

認証コード(6766)

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional