札幌南高同窓会南28期卒業生のホームーページです。

sanshiro

昭和58年(1978年 28期) 三四郎 [#rc836132]
308のしばの君。いまでは、放送会社の社長です。彼は三四郎と呼ばれる、学生袴の扮装で卒業式に臨みました。

昭和53年(1978年)、しばの君18才


平成22年(2010年)しばの君51才

*

  • 卒業証書は、クラス代表が一人選ばれ、全員の分を受け取るのですが、わがクラスは代表が二転三転し、最終的に私になったと記憶しています。
  • こうした扮装は、すでに南高の伝統であると思っていましたし、その時の周囲の雰囲気もそれを期待しているようでしたので、何かしなくちゃいけないと感じていました。
  • ただ、クラスのみんなで考えるということではなかったので、自分で前日に貸衣装屋で借りてきて、当日式に臨みました。
  • 三年の冬は授業が1月いっぱいで、それ以降は自主学習だったと思います。国立一期校の入試も3月3日あたりで終わったはずなので、10日の卒業式までの間に考えて、準備したのでしょうね。
  • そのときはなんとも思っていませんでしたが、今考えると慌しい時期によくそんな余裕(?)があったものだと思います。

認証コード(9299)

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional