スキマの箱

作品集: 最新 投稿日時: 2006/10/16 16:34:06 更新日時: 2006/10/19 07:34:06 評価: 0/0 POINT: 0 Rate: 5.00
 目の前はゆらゆらとしていて物らしく物は知覚出来ない。

 周りに何かがあるけれど、それも良くわからない。

 ゆらゆらした世界の中に小さな光が射したかと思うと、周りのゆらゆらとした物が集まっていった。

……徐々に幻のようだった物が、ちゃんとした人の形になっていく。

 確か……八雲紫だったか。

 私の知っている知識ではそう言う名前だった気がする。

 ぼんやり見ていると、怪しげな登場をした光は自己紹介を始めた。

「ようこそこんな所へ、X○さん。私の名前は八雲紫、このスキマを束ねる妖怪よ」
 
 胡散臭い空間で胡散臭い挨拶をするその妖怪を私は見ている。

「……反応が無いわね、まぁいいけれど。そうだ、あなたもこのスキマの箱を開けてみる?」

 紫は目の前にある小さな箱を取り出すとおもむろに開き始めた。




――中に見えるのは荒廃した村とたくさんの死体。

 驚く私に紫は説明を始める。

「この箱は慧音と言う妖怪の箱、この妖怪は満月の晩に自分の意思では制御できない姿になって人々を襲っていたらしいの。だからでしょうね、この箱にはそんな彼女の心のスキマとも言うべき心象風景が収められている」

 彼女は別に見せてくれとも言ってない私にそうやって一つの箱を見せ、また次の箱を開けた。









――目の前に広がるのは戦闘の風景。その中に見える彼らは身分の高そうな上品な服を着ていて、弓を構えたり刀を抜いたりして誰かを追いかけている。

 そんな風景が見える箱を紫は、

「この箱は輝夜という魔人の箱。彼女は月からの追っ手を巻くためにたくさんの人々を殺して逃亡を続けたの。だから、彼女にとっては追っ手の姿そのものがスキマ。本当はもう追っ手が来ないってわかっている筈なのにこの光景は消えることなく残り続けた。まさしく彼女にとってこの風景は心のスキマになっているんでしょうね」

 と軽く説明をして箱を閉じる。

 そして、今度は少し形の変わった箱を取り出してきて私の前で開け始めた。






――箱の中身は今まで見たものとは全く違う空間。

 文字や絵がたくさん描いてあり、今までの物とは違って血生臭くはない。

 よく読んでみると子供の喧嘩のような台詞がたくさん書かれたその場所は、私にとっても見覚えがある場所だった。

「ふふ……、この場所はクーリエと言う場所の箱。私達の冒険や生活を貴方達人間が絵や小説に書いてそれに感想をつけたりする場所なんだけれど……」

 紫は一旦口を閉じると、再度言い直した。

「そのスキマはね。貴方達が嫌う人を叩いたり貶めたりして生まれたり、他の人のことを考えない人々が投稿した絵や小説、そう言った心ない行動から生まれたスキマ。昔、輝夜や慧音たちが作ったスキマほど血生臭くは無いけれど、少しずつでっかくなっているスキマなの」

 そうして、箱を手で撫でつつニヤリと笑う。

「……いつの間にかこのスキマもこんなに大きくなって」

 彼女はそこまで言った後、再度こちらに向きなおすと、溜めておいた言葉を付け加えた。

「そうね――いずれは輝夜や慧音のスキマよりでっかくなるかもしれないわ」

 紫はそう言って箱を閉じる。

 その、良く知っている世界のスキマを彼女が見せ終えた後。

 最後に小さい。どことなく生暖かい感じがする箱を取り出す。

「最後にこの箱をあげるわ。中身を見るのも見ないのも自由」

 彼女は箱を天高く掲げながら、その中身を説明する。

「この箱はX○の箱。そう、モニターの前でこの話を読んでいるあなたのスキマが入っているわ」

























……貴方は箱を開けますか?
今新しい箱を作っているのだけれど、良かったら箱の中身を作るのを手伝ってくれない?
策謀琥珀
作品情報
作品集:
最新
投稿日時:
2006/10/16 16:34:06
更新日時:
2006/10/19 07:34:06
評価:
0/0
POINT:
0
Rate:
5.00
1. 3 翔菜 ■2006/10/28 03:03:06
どうにもここでクーリエを持ち出されると、という感じが無きにしも非ず。
お話としてはとっても好き。
2. 1 箱根細工 ■2006/10/28 04:16:27
……ふぅん。
3. フリーレス 床間たろひ ■2006/10/28 07:30:26
開けてみたらエロ画像満載でした。
4. 2 Fimeria ■2006/10/28 23:47:44
箱の中の住人が、箱の成長を止めることはできません。
5. フリーレス 爪影 ■2006/10/29 02:24:55
 何を仰る。
 ゆかりんの方こそ、相当な箱をお持ちの癖に。
6. フリーレス らくがん屋 ■2006/10/30 17:35:51
コンペでメタネタかまされると無性に腹が立つのは、きっと私の了見が狭いからなのでしょう。
敢えて言うなれば、「奇を衒わずにテメエの実力を見せてみろよ」なのだけど。
――トリックも実力の内? そりゃ失礼。
7. フリーレス サカタ ■2006/10/30 21:30:38
大オチがクーリエを知らないと理解できないというのはどうかと思います。
紫のセリフで『でっかく』と『大きく』があり、どちらか統一したほうがいいと思います。というか全体的に紫のセリフは丁寧な口調なので、『大きく』が自然です。『でっかく』は違和感がありました。あと改行が多く、非常に読みづらいです。
8. 2 2:23am ■2006/10/30 22:42:51
紫の口調に違和感が……。「でっかい」じゃなくて「おおきい」だと思いますよ?
9. 3 nn ■2006/10/31 02:44:08
何か短い割には散漫とした印象を受けます。
作品のテーマもおぼろげでよく分かりません。
読者に考えさせる系のエンドだったので、余計にそっちももっと考えろよな、という何とも後味の悪い読後でした。
10. 3 おやつ ■2006/11/01 22:50:44
おっかない箱ですなぁ……
発想は凄く好きですがw
11. 3 雨虎 ■2006/11/02 00:11:24
なんとも点数にし難い作品ですね。
あのスレは最近読んでいませんがどうなっているのやら。
願わくばもっと皆が快く楽しめる場として大きくなってくれることを。
12. 1 反魂 ■2006/11/02 01:42:38
挑戦的な作風は評価したいです。
が、他作と同じ土俵の上で評価出来るかと言えば、それにはどうしても肯んじえません。

そもそも徹頭徹尾メタで通すならともかく、急展開という落とし方でメタを使うには尺が短すぎます。それ相応に深奥なミスリーディングがあってこそ、こういうオチは生きてくる筈。不用意にクーリエへの説教を挟み込んだことも、忌憚なく言えば歯が浮くという印象しか抱けず、興を醒めさせる原因になりました。
本来ならフリーレスのところですが、こういう作品に挑戦されたという意気込みに、一読者として得点を入れさせて頂きます。
13. -1 椒良徳 ■2006/11/03 10:09:17
こういうメタなネタは嫌いじゃないですがね。
人を率いていくには、貴方は少し毒を吐きすぎる。
14. 1 つくし ■2006/11/04 12:47:09
まず、×○という伏字はこの作品の雰囲気を削いでいます。代名詞を使ったり、ぼかす方法は別にたくさんあったはず。また、ゆかりんがしゃべり過ぎ、説明しすぎている為胡散臭い雰囲気もまた薄くなっているようです。そして、クーリエのことに関しては多種多様な意見があって然るべきで、この感想で私見を語るのはこんぺという場に相応しくないので控えますが、プロパガンダのために作品が作られたと言うならば、それが先行していて作品がオマケのように感じられる作品ならば、少し寂しいと言わざるを得ません。
15. 3 as capable as a NAMELESS ■2006/11/05 10:36:57
トラウマの原体験は、いっそ知覚しちゃった方が前向きな対処に繋がるらしい。よって開ける。
どうでも良いけど×○ってXO醤みたいで嫌だ。
16. 7 ■2006/11/10 01:21:50
ちょっとだけ、現実とのリンク度が高すぎるかな…って気もします。ストレート過ぎると、紫の胡散臭さが薄れてしまうかもです。
17. -3 匿名 ■2006/11/12 17:54:50
SSを書いてください。
意見は掲示板で。
18. フリーレス たくじ ■2006/11/12 22:41:06
SSコンペってクーリエとは無関係ですよね?私は創想話の作品は読んだことありませんし、評価が不可能です。関連スレッドは見ているので言いたいことがわからないではないのですが。
19. フリーレス 藤村うー ■2006/11/13 00:53:17
 メタいです。
 それを抜きにしても、どう評価していいのか分かりません。
20. 2 いむぜん ■2006/11/15 20:12:53
ひとつヤな箱があるな。
でも箱である理由がいまいち。スキマが箱に入っているのはどうなのよ?
21. 1 しかばね ■2006/11/16 19:52:09
喪黒福造の力ならば、埋めることができるでしょうか。
無いほうが良いスキマってのも、ありますからね。
22. 3 blankii ■2006/11/16 20:21:22
……点数としてはこんな感じで。でも、キリキリ胃が痛む内容だなぁ、と。
23. 9 ABYSS ■2006/11/16 21:44:06
見たいけど見たくない類の箱ですねこりゃまた。
ひぃぃ、と思わせられたのでこっちの負けです。
クーリエの名前は出さなくても良かったんじゃないかなあ、とは思いますけどね。
24. -3 人比良 ■2006/11/17 20:26:30

箱ごとハンマーで潰したくなるときが√π くらいの確率でありますね。
25. 6 K.M ■2006/11/17 21:46:21
せっかくだから俺はこの箱を開けるぜ。

きっと、しっかりしてるように見えてぐにゃぐにゃの何かが出てくるんじゃないかな…
26. 2 時計屋 ■2006/11/17 22:44:56
楽屋オチならば徐々に引き込むようにしたほうが効果的です。
オチへの展開が唐突過ぎるように思えました。
名前 メール
評価 パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード