小さな幻想郷

作品集: 最新 投稿日時: 2006/10/28 04:57:02 更新日時: 2006/10/30 19:57:02 評価: 25/43 POINT: 86 Rate: 0.85












「寒いわー」

「そりゃあもうじき冬だもの。」

「でも日がかなり照ってるわよ」

「そりゃあそうよ・・・・」

「でもおかしいわよねー」

「何が?」

「だって、ニュースでアレだけ雪が降る雪が降るとか言っときながら全然降らないんだもん」

「ニュースなんて当てにならないわよ」

「でも、普通はもう降っていてもおかしくない時期なのに・・・・」

「雪が降らない時だってあるわよ」

「そんなの冬じゃない」

「寒かったら冬よ」

今年の冬はなかなか雪が降らない。
この国の冬は雪が降らない事は無いと言う話を聞いたことがあるのだが・・・・
これもまた、いつもの自然現象なのだろうと思っていた。

「あれ?」
「どうしたの?蓮子」
二人はいつも通り、向こうの世界に行くための捜索をしていた。


今日は特に行く当ても無く、メリーの家の近くにある公園で二人で他愛も無い会話をしているところだった。
「ほら、メリー。あれ」
蓮子が指差した先には小さな紅い箱が落ちていた。
「何かしら」
「あれでどこの子か遊んでたのかな?」
「・・・・・どうやって?」
「ほら、あれよ、子供ってのは発想力が豊かだから、あんな箱一つでも何十通りと言う遊びが出来るわよ」
と蓮子が仮説を述べていた。

でも確かにそうかもしれない。
なんてメリーがこんな思考になってしまったのは、きっと相方の蓮子のせいだ。
「いやいや蓮子、ちょっとは別の思考をして見なさいよ」
「別の思考〜?たとえば?」
「例えば・・・・・」
メリーが暫く唸ってから言った。

「誰かがプレゼントを落としたとか。」
「メリー、確かにあるかも知れないけど少し難があるかもしれないわ、それ」
「・・・・・やっぱり?」

うんうんと蓮子が頷く。

「だってほら、ラッピングしてないじゃん」
「え、そういう問題なの?」
あれ?違った?と蓮子はびっくりしている。

「だって、別にラッピングなんてしなくてもいいとか言う人もいるじゃない」
「メリー、それは心が寒い話?」
蓮子の目が少し可哀想な人を見る目になっていた。
「な・・何よ、その目・・・・。」
「いっつも熊さん相手にしてるから・・・」
「う、うるさいわね!それは関係ないわよ!多分・・・いや、関係ないわよ!!」
側においていたバックで蓮子の頭をバシバシ叩く。


その時、メリーは自分の顔が赤くなっている事に気がついた。

ああ、もう・・・。とメリーが自分の火照りを覚ますため帽子で顔を仰ぐ。



しばらくしていつの間にか蓮子が箱を取って来ていたことに気づいた。
「いつの間に・・・・・?」
「さっき」
「・・・そう・・」
「さーてと・・・」
「待って」
拾った箱を早速開封しようとした蓮子をメリーが制する。
「何、どうしたの?」
「落ちていた物を、しかし他人のものかも知れないのにそれをあなたは平気で空けるの?」
「うん」

エルボーを一発。

「まぁ、もう落とした本人も来ないみたいだし、ね?」
と蓮子にせがまれ、仕方なく開封許可。
「何が出るかな〜何がでるかな〜ちゃららちゃんちゃんちゃららら〜」
といいながら蓮子は箱を開ける。

すると箱の中から溢れてきた凄まじい光が二人を覆う。
「!?」




「んー?」
暫くして二人は再び眼を開ける。
そこは先ほど居た公園。
「あれ?何が起こったの?」
「さぁ・・・・」
二人は辺りを見回す。

だが何も変わったことは無かった。

「さては箱かっっ!!」
と蓮子が勢い良く覗き込む。
メリーも釣られて覗き込む。

箱の中には白い綿のようなものに一枚の紙切れが入っていた。

「何かしら・・・これ・・・・・」
蓮子が紙切れを取り出す。
「見せて」
とメリーがその紙切れを横から奪い取る。
紙切れには綺麗な字で



『しばらく借りていた冬を返しに来ました。この箱を拾ってくださった方は、どうかこの世界に冬を帰してあげてください。』


と書かれていた。
「冬を借りていた・・・・・?」
「返してあげてくださいって・・・・まさかこれ?」
蓮子が箱の中の白い綿を触る。
「あ、冷たい!!」

メリーも白い綿を触ってみる。
「本当だ・・・・これって・・・雪?」
「わーい、雪だぁーー!」

蓮子が横ではしゃいでいる。子供か。

「とりあえず、冬を返さないと、この世界に・・・・」
「んー、でもどうやるの?とりあえずそこら辺に撒いてみればいいのかな?」
「そんなので出来るのかしら?」
「ほら、あれよ、はなさかじいさんみたいな感じに〜」
「ごめん、私その話名前は知っているけど読んだこと無い」

まあいいから見てて、と蓮子が箱を持って側に生えている木の方へと走っていく。


「枯れ木に花をなんとやら〜」
と言いながら箱の中の雪をばら撒く。


するとばら撒いた雪は空中で白く光り、消え、空から少しずつ、白い雪が降ってきた。

「ゆ・・・雪が降ってきた・・・・・!?」
「わぁー、本当だー、じゃあもっと撒かなくちゃね!」
蓮子は箱を持ってどんどん公園内を走り回る。
メリーも後を追いかけて一緒に雪を撒く。

その間にもどんどん雪は降ってくる。

二人は久しぶりにはしゃぎあった。
まるで子供の頃のように。

「雪なんて懐かしい・・・・」
メリーが地面に寝転びながら言う。
「子供の頃は雪に凄いあこがれてたなぁ・・・早く降らないかなーって」
蓮子が隣に寝転ぶ。

「ねぇ、メリー」
「ん、」
「この箱は、向こうの世界から来たものかな」
「こんなことするのは・・・そうじゃないかしら?」
「私達が雪降らせたんだよ」
「そうね」
「なんだかムズムズしてきましたよメリーさん。」

メリーの横で蓮子がうずうずしていた。

「何?トイレ?」
「違う違う。興奮してきました」
「あら、そう」
「・・・メリーは何もないの?」
「いえ、あるわよ」

暫く間をおいてメリーが答える。



「すごく雪合戦がしてくなってきたわよっ!!」
メリーは起き上がると同時に積もった雪を蓮子の顔面めがけて投げつける。
「ぷぁ!やったなぁーー!」
蓮子も起き上がると雪を掴んでメリーに投げ返す。


そして、二人だけの雪合戦が始まった。



その夜、二人は子供に帰った気がした。
成長するとともに、忘れ去ってしまっていたあの心。


この箱に入っていた小さな幻想が、雪と共に


彼女達にその心も、返したのかもしれない。
創想話に書き込んでからふと様子を見ると〆切が今日の23時だった。いや、12時か・・・
急ぎすぎたので内容は素晴らしく抜けている。

関係ないですね・・ごめんなさいorz
今回、童心に戻ろうと思いながら書きました。

この秘封倶楽部の二人は、いろんな意味で私なのかも知れない。
自分で見ながらそう思ってみたり見なかったり・・・・。

箱は少し無理矢理過ぎた気もしますが・・・・(死
小さな雪、大きな冬を返しに行くには十分な大きさです。ええ。

季節的にはもう少し先ですけどね。
早く雪降らないかなーー・・・・・・
龍我れん
http://ryuuga.yukishigure.com/
作品情報
作品集:
最新
投稿日時:
2006/10/28 04:57:02
更新日時:
2006/10/30 19:57:02
評価:
25/43
POINT:
86
Rate:
0.85
1. 4 as capable as a NAMELESS ■2006/10/28 15:14:32
秋をすっ飛ばして冬の匂いを感じた。
2. 2 箱根細工 ■2006/10/29 15:48:22
……………………。
3. 2 らくがん屋 ■2006/10/30 17:24:08
箱関係ねェ&秘封なので減点ー。
しかし上二つ抜きにして単にSSとしてみても、相当物足りない作品ですわな。
そういうのが好きって人もいるんだろうから、別にいいんだけど。
4. 3 じーにょ ■2006/10/31 02:27:36
童心に帰るのもいいものです。
5. 3 爪影 ■2006/11/02 22:25:14
 雪はまあ、綺麗だけど無駄に冷たいですよね。
6. 4 椒良徳 ■2006/11/03 12:33:30
冬を閉じ込めた箱というアイデアは良いですね。
ただ、何と言いますか、文章が死んでしまっている印象を受けます。
どこがどうと具体的にいえないのでもどかしいですが。

まあ、それはともかく。
メリーの熊さん(パンツ)に俺はなる!!11!!
7. 3 Fimeria ■2006/11/05 10:40:26
箱には冬と、少しの幻想が入っていたわけですか。
なるほど、童心という幻想を届けるには充分な大きさなのでしょうね。
状況描写の地の文が少し淡白で、いまいち入り込み辛かったのが残念です。
8. 5 nn ■2006/11/05 22:06:55
発想は素晴らしく、こういうネタは大好きです。ただ全体的に文章が雑でよく練られていないという印象を受けました。
9. 2 反魂 ■2006/11/06 22:58:11
初雪の日ってのは、何かワクワクするんですよねえ。
小学校時代、そのシーズンの初雪を、絶対誰よりも先に見つけてやるとか意気込んでました。で、本当に真っ先に見つけて、無上の喜びを感じる。雪合戦にしても、作中のメリーのように、まず不意を突いて先手を取ることが楽しみでしたね。
うん、あの頃が懐かしい。
10. 3 つくし ■2006/11/07 19:02:56
童心まで幻想になったら寂しいなあ、とか。未来は明るいと良いですね。なんとも温かい作品でした。ラストの盛り上がりは良いので、助走部分をテンポが良くなるように整理する必要があったと思われます。
11. 4 おやつ ■2006/11/07 22:16:50
こっちでもそろそろ雪とか降らないかなぁ。
童心に返って遊びたくなるお話でした。
遊び? もちろん炬燵(カタツ)ムリになって蜜柑っすよ!
12. 2 翔菜 ■2006/11/08 03:22:33
箱はこれで良いと思うのですが内容がスカスカな感じが。

でも2人ならこうやって雪合戦ぐらいしそうと言うのはあって○
13. 4 2:23am ■2006/11/10 00:57:19
箱の中に小さなレティがいても面白かったかもしれませんね。
ああでも雪にはいい思い出がない……。死にかけたので……。童心というものはどこに置いてきたのか……。
14. フリーレス サカタ ■2006/11/11 21:59:58
ん?どの辺りが東方?
キャラだけ使うのは、それっぽさが薄れるので、もう少し話の中で東方らしさをだせたらよかったと思います。
あと、「今年の冬はなかなか雪が降らない。この国の冬は雪が降らない事は無いと言う話を聞いたことがあるのだが…」とあるのに「雪なんて懐かしい…」は矛盾してませんか?メリーは外人だから懐かしいの?そのわりに日本語ペラペラで長く日本にいる気もしますが…

15. 4 たくじ ■2006/11/12 22:16:49
誰かが冬を借りていて、それを返しにきたというのが唐突に感じました。
短い話だけど、もっとじっくり丁寧に描いたら良かったんじゃないかなぁと思います。
16. 3 藤村うー ■2006/11/13 02:10:56
 可もなく不可もなく、夢のあるお話でした。
 容量のこのあたりでちょうどよかった気も。
17. 8 ■2006/11/13 15:01:11
正直、どうせならぜひこの完全版をまた書いてください。読んでみたいです。
18. 3 いむぜん ■2006/11/15 20:54:13
ちょっと秘封ものにしては捻りがないかな?時間ないって話なのですけれども。
19. 5 ABYSS ■2006/11/16 16:32:28
小さな話ですがソレが良かったと思います。
時間の問題だったかもしれませんが、もっと膨らますことが出来たかもしれません。そうすれば、作者様も言っている箱の突然さを緩和することができたかもしれませんね。
20. 6 blankii ■2006/11/16 21:00:48
『しばらく借りていた冬』ってことは、妖々夢の時かしら? 考え過ぎな気もしなくはない……
21. 3 雨虎 ■2006/11/17 00:02:28
やはり内容は薄かった感が強かったです。
無邪気な秘封倶楽部は読んでいて微笑ましかったのですが
もう少しアクセント的な何かがあったら良かったかなと。
22. 2 人比良 ■2006/11/17 20:15:45

ネタは良かったですが、後書きでも語られている通り性急です。
じっくり書き込んだのを読みたく思いました。
23. 5 K.M ■2006/11/17 20:58:09
言うなれば「箱雪」。送り主は誰だろうか?
……いや、この幻想的光景の前ではそれは些細な問題か。
24. 3 しかばね ■2006/11/17 21:13:24
雪ですか。
自分は雪が降ると憂鬱な地域に住んでるもので、童心はとうの昔に
失っております……。
秘封倶楽部の二人は、心から冬を楽しめますように。
25. 2 目問 ■2006/11/17 22:11:36
 展開がどうも一足飛びで、登場人物の行動も不自然に映りました。
 状況や感情の描写をもっと入れてほしかったです。
26. 1 時計屋 ■2006/11/17 23:15:34
幻想郷らしい話ですが、文化帳の借りた春を返す話とネタが被っていますね。
27. フリーレス 匿名評価
28. フリーレス bookmarking ■2012/05/15 02:02:23
FOLfkO I appreciate you sharing this blog post. Really Great.
29. フリーレス Roberto ■2012/05/17 07:50:48
I truly appreciate this blog post.Thanks Again. Cool.
30. フリーレス juegos de friv ■2012/05/17 09:50:37
I truly appreciate this blog.
31. フリーレス Online ■2012/05/17 10:24:21
I truly appreciate this post. Much obliged.
32. フリーレス fungames.pro ■2012/05/17 10:37:10
Appreciate you sharing, great blog article. Will read on...
33. フリーレス quinoa 365 cookbook ■2012/05/17 11:12:27
Really informative blog article.Much thanks again. Fantastic.
34. フリーレス www.5games.com ■2012/05/17 11:26:10
Thank you for your article.Really looking forward to read more. Keep writing.
35. フリーレス trinidad employment ■2012/05/17 12:04:03
Thank you for your article.Thanks Again. Want more.
36. フリーレス www.5paixnidia.gr ■2012/05/17 12:18:38
Thanks-a-mundo for the blog post.Thanks Again. Cool.
37. フリーレス finance ■2012/05/17 12:57:22
Really informative post.Thanks Again. Really Great.
38. フリーレス scary maze game ■2012/05/17 13:12:14
Major thankies for the article. Much obliged.
39. フリーレス seeds for survival ■2012/05/17 13:51:00
Thanks-a-mundo for the blog.Much thanks again. Fantastic.
40. フリーレス www.fixedhost.com ■2012/05/17 14:06:39
I really like and appreciate your blog post.Really thank you! Want more.
41. フリーレス seeds for survival ■2012/05/17 14:46:45
This is one awesome post.Really looking forward to read more. Fantastic.
42. フリーレス aerobics ■2012/05/17 15:03:12
I loved your blog.Really looking forward to read more. Want more.
43. フリーレス tubetoolbox ■2012/12/06 18:08:49
www10.atpages.jp is awsome dude
<a href=http://www.youtube.com/watch?v=jbnq2UeB8PU>tube toolbox</a>
名前 メール
評価 パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード