虎穴に入らずんば虎子を得ず?

作品集: 最新 投稿日時: 2007/05/08 08:19:50 更新日時: 2007/05/10 23:19:50 評価: 0/0 POINT: 0 Rate: 5.00


「虎穴」


魔理沙「『虎穴に入らずんば虎子を得ず』危険を冒さなければ欲しいものが手に入らないって意味だぜ」
霊夢「・・・と言っても虎なんて居ないわよ?」
魔理沙「とりあえずそれっぽいやつを連れてきたぜ」
橙「がおーっ!」
魔理沙「・・・・・・」
霊夢「・・・ここまで迫力がないとは思わなかったわ」
魔理沙「だな」
橙「えーっ!」



「獣穴」


魔理沙「獣を捕まえるための穴、つまり落とし穴だな。ちなみに読み方は「ししあな」だぜ」
霊夢「で、それがなんなのよ?」
魔理沙「さっき神社の裏に仕掛けて置いたんだ」
霊夢「人ん家の裏に勝手に落とし穴なんか掘らないでよ」
『うわあっ!!』
魔理沙「おっ、何か掛かったみたいだぜ?」
藍「・・・痛ぅ・・・誰だ!こんな所に落とし穴なんか掘ったやつは!!」
魔理沙「おー、狐が掛かったか。こいつは大物だな!」
霊夢「あんたも何やってんのよ・・・まったく」



「針穴」


魔理沙「なぁ、アリス」
アリス「何よ。本なら貸さないわよ?」
魔理沙「その人形の作り方教えてくれよ。そういうのがいると何かと便利だろ?」
アリス「ふーん。まぁ別にいいけど・・・」
魔理沙「おお、助かるぜ!」
アリス「と言っても人形を作ること自体は裁縫と同じよ。後は魔力を込めるかどうか・・・って何してるの?」
魔理沙「・・・あれ?・・・くそっ・・・あー!糸が針の穴に通らないぜ!」
アリス「不器用ねぇ」
魔理沙「私の弾幕はパワー重視なんだよ」
アリス「・・・関係ないでしょ」



「ブラックホール」


萃香「符の参『追儺返しブラックホール』!!」
霊夢「・・・っ!この攻撃は厄介なのよね。なるべくブラックホールから離れて・・・」
萃香「え?あ・・・わああぁっ!!」
霊夢「・・・ってあんたが吸い込まれてどうするのよ!」
魔理沙「まぁ、ちっちゃくて軽いしな」



「穴埋め問題」


次の○の中に入る文字を答えなさい
鈴仙・○○○○・イナバ

慧音「答えが書けたらそれぞれ発表するように。・・・じゃあ初めは妹紅」
妹紅「はい、『鈴仙・うどんげ・イナバ』」
慧音「うむ、おしいな。名前はわかっていても漢字で書くのは少し難しいかもしれないな。次、魔理沙」
魔理沙「よし、『鈴仙・月面兎兵器・イナバ』!」
慧音「いろいろ合っているかもしれんが違う!それと、ちゃんと4文字であわせて来い。次、霊夢」
霊夢「『鈴仙・賽銭頂戴・イナバ』」
慧音「それはおまえの願望だろ?次・・・えーっと確かおまえは紅魔館の門番だったな」
美鈴「『鈴仙・私は美鈴・イナバ』」
慧音「・・・ツッコミたいのだが今回は私にも責任があるな・・・。次、またおまえか」
魔理沙「今度は文字数を合わせたぜ!『鈴仙・でも実は・因幡てゐ』」
慧音「問題文を変えるな!次!」
チルノ「『鈴仙・HHHH・イナバ」」
慧音「廊下に立ってろ!!」



「ザル・その1」


咲夜「・・・ふぅ、これで何度目かしらね。魔理沙に門をくぐられた回数は」
美鈴「うぅ・・・すいません・・・」
咲夜「やっぱりあなたは門番に向いてないかもしれないわね」
美鈴「・・・というか門番に向き不向きなんてあるんですか?」
咲夜「少なくともあなたは不向きね」
美鈴「なら咲夜さんがやってみてはどうですか?案外向いてるかもしれませんよ?」
咲夜「…………」
美鈴「…………」
咲夜「…………」
美鈴「…わかりました。わかりましたからナイフをしまってください」



「ザル・その2」


レミリア「二人とも楽しそうね。何のお話?」
咲夜「お嬢様、実は近頃の門番の職務怠慢を注意しておりまして・・・」
レミリア「ああ、そういうこと」
咲夜「ここはきつくお灸を据えておいた方がよろしいでしょうか?」
レミリア「うーん・・・別にいいんじゃないかしら?」
咲夜「・・・というと?」
レミリア「だって程良く魔理沙や霊夢が来た方が退屈しなくて済むもの。それに美鈴だって通したくて通してるわけじゃないのでしょう?」
美鈴「お嬢様・・・ええ、もちろんです!」
レミリア「だったら今のままで良いのではなくて?」
咲夜「お嬢様がそういうのでしたら・・・」

パチュリー「レミィが良くても私がよくないわ」
美鈴「えっ?」
パチュリー「全く・・・あいつに何冊本を盗まれてると思ってるのよ・・・。まったく、本当にあんたはザルね」
美鈴「す・・・すみません・・・」
パチュリー「これはきついお仕置きが必要ね。ちょっとこいつ借りてくわよ」
美鈴「え?あ、ちょっ・・・そんなに引っ張らないでくだ・・・」
パチュリー「うるさい。ロイヤルフレア!」
美鈴「ぎゃあああっ!!」
レミリア「あらあら、相当ご立腹のようね」
咲夜「戻ってくるときに死体になってないといいですけどね・・・」




お題で遊んでみました。
小ネタということで台本形式にしてみましたがどうでしょうか?
長い文章を読んだ後の息抜きにしてもらえるといいかもしれません。
KIMI
作品情報
作品集:
最新
投稿日時:
2007/05/08 08:19:50
更新日時:
2007/05/10 23:19:50
評価:
0/0
POINT:
0
Rate:
5.00
1. 4 A・D・R ■2007/05/13 02:05:44
いい意味で気楽に読めました。
会話のテンポがいいなぁ…と。
2. 7 新角 ■2007/05/13 18:22:00
最後のザルは別人のほうがよかったかな
もうちょいオチにインパクトが欲しい
3. 1 爪影 ■2007/05/13 20:32:18
 鈴仙・ざる蕎麦・イナバ……失礼しました。
4. 3 shinsokku ■2007/05/14 01:57:39
軽々さっぱり。
5. 4 どくしゃ ■2007/05/16 04:39:10
「穴埋め問題」が一番面白かったです。
ザルその1・2も好き。
6. 4 秦稜乃 ■2007/05/21 22:00:06
でも実は因幡てゐ
でも実は八意永琳
7. 8 ■2007/05/22 09:46:53
息抜きとしては確かにちょうどいい感じでした。それぞれにテンポいいし。それに、これだけ直球に「穴」を使うのもかえって珍しい感じです。
8. 5 詩所 ■2007/05/25 17:28:03
>鈴仙・賽銭頂戴・イナバ
 鈴仙・私は美鈴・イナバ

切実すぎて泣ける。
9. フリーレス 人比良 ■2007/05/26 20:54:29
がおーがかわいかったです。
橙ちゃんと遊びタイガー、とどこからか叫びが。猟友会を呼び
ましょう。
10. 2 流砂 ■2007/05/26 21:41:34
(-ω-)
つ旦
11. 5 deso ■2007/05/27 00:06:38
最初の橙で和んで、『鈴仙・でも実は・因幡てゐ』でちょっと吹きましたw
12. 4 風見鶏 ■2007/05/27 03:05:53
チャレンジ賞(笑)
13. 3 blankii ■2007/05/27 10:59:21
くすくすくす、と良い小ネタの連続。お見事でした。
14. 6 椒良徳 ■2007/05/27 19:33:36
いやいや、気軽に読めて良いですね。
こういう作品は好きです。とくに誤字脱字もなく、読みやすいのがまた良い。
15. 5 木村圭 ■2007/05/27 23:25:23
橙ががおーって! がおーって橙が! ボケもツッコミもこなす魔理沙はホント千両役者。
16. 2 らくがん屋 ■2007/05/29 11:06:48
息抜きってのなら、相応の評価しか出来ませんよね。
17. 3 反魂 ■2007/05/29 19:19:49
軽口のノリといわれればそれまでなのですが、如何せん総じてオチが弱い気も……
濃すぎないオチ、ということとして、それはそれでアリなのかもしれませんが。
18. 2 鼠@石景山 ■2007/05/30 00:45:43
詰め込み系。ただ、小ネタの感が否めません。短く纏めるギャグは瞬発力も必要だと思います。
19. 2 いむぜん ■2007/05/30 02:19:14
小ネタ集か。穴埋め問題で笑った。
20. 2 リコーダー ■2007/05/30 16:21:44
ギャグとしてはどれも割と微妙。
キャラは立ってると思います。
21. 4 眼帯因幡 ■2007/05/30 17:17:46
本当に、落ち着いた気持ちで読むことが出来ました。
藍と橙が可愛いですね、和みます。
お疲れ様でした。
22. 3 二俣 ■2007/05/30 19:13:30
『鈴仙・でも実は・因幡てゐ』、がツボに。
笑った後でなんとなくものすごく負けた気分。ナイス落とし穴。
23. 5 K.M ■2007/05/30 20:31:22
これはよいショート・ショート。テーマの消化が見事です。
24. 3 たくじ ■2007/05/30 22:33:16
橙!がおーっ!かわいいなぁ。
25. 1 藤村る ■2007/05/30 23:19:34
 話がそこそこ繋がってるとまた違ったような。
26. 3 時計屋 ■2007/05/30 23:22:03
「虎穴」にくすり。
軽快に楽しめる小話は大好きです。
良い息抜きになりました。
27. フリーレス KIMI ■2007/06/01 07:16:46
ここまで読んでくださったみなさん本当にありがとうございました。
コンペ初参加のKIMIと申します。
今回は「春風に乗って」と「虎穴に入らずんば虎子を得ず?」の2つを投稿させていただきました。

「春風に乗って」の方は東方でノベルを書くのが初めてということもあり無難に
対してこちらはお祭りムードに乗ってやろうじゃないかということで書きました。

小ネタを通常の形で書こうとするとどうしてもテンポが悪くなってしまうので
台本形式という形をとらせていただきました。
結果的には成功だったと思っています。

ちなみにネタを考えた時間は合計3時間です。
あとがきに「長い文章を読んだあとの息抜きに〜」とか書いてありますが
実際は自分が書くのに詰まったときの息抜きついでに書いたものだったりします。

ではレスを返して行きましょう。


時計屋様

軽快に楽しめたのであればこちらとしては万々歳ですw


藤村る様

基本的には話を繋げません。短い話をテンポで押し切っていきます。


たくじ様

自分のなかでは笑顔で万歳しながら「がおーっ!」
4コマ的なノリに近いので絵があるとよりわかりやすく状況が伝わりますw


K.M様

テーマに沿ってネタを考えるのが楽しかったですw
もう一つの方にも少しネタを分ければよかったかなぁ。


二俣様

よし、勝った・・・ごめんなさいorz
穴埋め問題はボケより慧音のツッコミで笑わせたいと思いました。


眼帯因幡様

藍と橙のネタは割とお気に入りだったりします。
この2人は本当に和みますねぇ。


リコーダー様

ギャグは弱いです。くすりと笑う程度が丁度いいと思います。


いむぜん様

穴埋め問題はもはや大喜利です。浮ぶ限りのネタを詰め込みましたw


鼠@石景山様

・・・ごめんなさい。残念ながらただの小ネタでございます。
瞬発力を求めすぎてもキャラが壊れたりするのでこのくらいで。


反魂様

濃いオチというのもいいですが、さらりと読んでいただこうかなと。
こういう軽口なノリは無いなという人にはおすすめはできません。


らくがん屋様

相応以下の評価でなくて一安心です。
評価は二の次。とりあえず笑ったり和んだりしてもらえればいいかなと思います。


木村圭様

ボケもツッコミもこなす魔理沙。
実は原作では花映塚でしか知らないので本当にこんなキャラなのかいささか不安ではあります。


椒良徳様

こっちには誤字が無いようなのでほっとしましたw
喜んでいただきうれしい限りです。


blankii様

ありがとうございます。
余裕があったらもう少しネタを増やそうとも考えましたがこれといったのが浮ばなかったので断念しました。


風見鶏様

チャレンジ賞いただきましたw
もしかしたら台本形式を小ネタ以外にも使うかもしれません。


deso様

穴埋めの『鈴仙・でも実は・因幡てゐ』が意外と好評ですねぇ。
かなり苦し紛れに考えたネタだったのですが。


流砂様

まったりいきませう。


人比良様

ねこ(橙)がくるくる回ってくるのはかわいいけど、虎がくるくる回ってくるのは怖いw


詩所様

2人とも切実です。
ありきたりかなぁと思いつつも入れてみました。


翼様

この作品を例えるなら、まさに直球です。
ただし高めの釣り球なので見逃せばボールです(ぇ


秦稜乃様

>でも実は八意永琳
でも実はシャンハーイ!(ぇ


どくしゃ様

こういった小ネタは割と好き嫌いがはっきりでますからね。
好きと言っていただけてうれしいです。


shinsokku様

立つ鳥後を濁さずではないですけどこれを読み終わって少しでも「次の作品読むか」となってくれればいいかなと思っています。
いや、多分ここを見なくても普通に次のは読むと思いますけどねw


爪影様

>鈴仙・ざる蕎麦・イナバ
鈴仙・そうめん・イナバ


新角様

パチュリーが美鈴の首根っこ掴んで引きずっていく様を想像したらなんとなく笑えたのでこっちにしてみました。


A・D・R様

気楽に読んでくださいw
こっちも気楽に書いてますから(ぁ
















名前 メール
評価 パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード