怠惰な庭師さん

作品集: 最新 投稿日時: 2007/05/12 19:45:47 更新日時: 2007/06/04 01:27:18 評価: 0/0 POINT: 0 Rate: 5.00
 目を覚まし、朝の屋敷見回りの仕事から一日の始まりである。
 いつもは使命感に燃えて見回りをするが、最近はどうにも足取りが重たい。
 そう、近頃のわたしはどうも仕事で満足できることがない。何か物足りない。
 別にお仕えしている幽々子様の待遇に不満があるわけではない。
 お嬢様への奉仕心が廃れてきているなどというものではない。
 剣の修練でうまくいかない所がないわけではないが、そんなことではなかった。
 体調もすこぶるいい。しかし納得いかない。
 今の仕事に嫌気が差したわけでもないのに。
 時折侵入する妖怪を追い払ったり、暇つぶしと称して現れる巫女を追い払おうとして軽くあしらわれたり。
 お使いを頼まれ、道中に妖怪が襲ってきたり、それを返り討ちにしてやったり。
 それでも、しっくりこない毎日を過ごす。
 わたしは白玉楼というお屋敷で庭師を頼まれている、魂魄妖夢。
 ただ、最近は仕事をすることに憂鬱さを感じるのが悩みである。 

 
 お昼時を回ると、幽々子様からお使いを頼まれた。
 メモに書いてあるものを、人間の里へ行って買ってきて欲しいとのこと。
 二つ返事で身支度を済まして、すぐに白玉楼を出た。
 
 人間の里でお買い物を済ませたわたしは、近くの川岸で黄昏れることにしたのだ。
 つまりさぼりである。
 このままお使いを済ませて仕事に戻っても、どうせ憂鬱な気分で見回りと庭の剪定をしているに違いない。
 そう考えると、屋敷へ帰るのが面倒になってきた。
 太陽が沈みかけ、もう夕方の時間。
 お使いを済まさずに仕事をしないで、草原に寝転がるだけの暇潰し。
 飛び交う虫を目で追ったり、雲も形を眺めたり本当の暇つぶし。
 ここまでさぼるとやっぱりお嬢様に叱られるのだろうか、と想像するも想像するだけで職務怠慢。
 実行に移したくない。
 あまりに暇なので眠気もする。
 うとうとと、意識が浮き沈みしかかったところで近くからわたしを呼ぶ声がした。
 反応しようにも体が重たい。寝かかっていた所なので意識が薄い。
 きっとわたしの反応を見ている相手は、鬱陶しそうに反応するのだなと、不快に感じたかもしれない。

 振り向けばそこにいるのは、紅白の衣装で身を包んだ少女。霊夢だった。
「珍しいわねえ、何してるの妖夢。こんなところで」
 今は正直、反応を返すのも面倒なぐらいだった。
「もう、何とかいいなさいよ」
 普段はわたしを負かしては幽々子様とお茶を飲んでどこかへ消えるというのに。
 どうして今はこんなに突っかかってくるのか。
 空気を読んで一人にして欲しいぐらいである。
「悩み事でもしてるわけ?」
「……うるさい。ほっといて。今は一人にして欲しいの」
「余計気になるじゃない。でもまあ、そこまで言うならほっとくけど」
 いつもは振り払ってもしがみ付くようなしつこさがあるのに、今日の霊夢はやけにあっさりのようだ。
 霊夢も今日は疲れているのだろうか。
「ねえ霊夢。ときどき仕事がいやになったりすることない?」
「……また唐突な話ねえ。一体どうしたのよ?」
「いや……別に。ただ何となく訊いてみただけ……」
 何を口走ったのか、わたしは。
 この苦悩をこんなやつに話したところで、何かいい答えが返ってくるはずがない。
 でも少し考える。
 もしかしたら、わたしは自分の悩みを誰かに聞いて欲しいのかもしれない。たとえ霊夢相手でも。
「そうねえ、当然嫌よ。だって面倒なんだもん」
 仕事に従事する者なら、一度や二度は叫びたくなるような文句を平然と吐いた。
 わたしにはそんなことを口にすることさえ恐れ多くて許されないというのに。
「その楽観的な発想が羨ましいわ……」
「でもさ、あんたきっと勘違いしてる」
「……え?」
「やりたいから、仕事はするんでしょう。そりゃあ私は普段は遊び呆けてるように見えるし、事実そうかもしれない。
 でも困った人なんかは放っておけないし、悪さするやつがいたらこらしめにいくわよ」
「……」
「あんただって、あの幽霊の下で働きたくて働いてるんでしょう?」
「うん……」
「ならそれでいいじゃない。嫌々する必要なんてあるの?
 そもそも仕事だとかなんとか、そんな固く見る必要ないと思うんだけど」
「……」
 あの自堕落に見える巫女が、こんなことを考えているなんて思ってもいなかった。
 頭の中で霊夢の言葉を反芻する。
 そう、わたしは幽々子様にお仕えいという一心から働いているのである。
 やらなければいけない、とかじゃない。奉仕心からだ。
 結局のところ、わたしはうだうだと理由をこじつけて怠けているだけのこと。
 今の自分に欠けているものを、この巫女は持っているのかもれない。
 わたしはそう確信して、彼女に申し込んだ。
「──ねえ霊夢。お願い、わたしと闘って」
「また唐突ねえ。別にいいわよ、それで満足できるなら」
 霊夢は軽く体を揉み解す。わたしも起き上がり、柄に手を置いた。
 刀を抜いて、構える。妖夢も手持ちのお払い棒を掲げる。
 声をかけるまでもなく、勝負は始まった。

 別に霊夢と闘って、普段の鬱憤を晴らすために勝ちたいわけではない。
 ただ自分とは違う霊夢と戦えば、自堕落な自分の目を覚ませると思った。
 闘いを通じて、今の自分から抜けていったものが戻ってくる気がする。
 勝負を通じて、今の自分の気持ちに出来た大きな穴を埋めるものが見つかる。
 そう思って、剣を振るった。

 結果はわたしの負けである。しかし今までのような、悔しさはなかった。
 むしろ清々しかった。不思議と、笑みがこぼれるぐらいに。
 確かなものを掴んだ。その満足感で気持ちが一杯だ。
「ちょっと、負けて笑うなんて気味が悪いんだけど……」
「霊夢、付き合ってくれてありがとう」
「おまけに礼まで言われると寒気がするわ」
「……自分でも不思議よ。あんたに感謝することが」
「それじゃあ行くわよ。もうすっかり時間も遅いし」
「借りができたわね」
「私は何もしてないつもりだけどね」
 謙遜し、巫女は飛んでいった。
 もうすっかり日は沈んで、時間は夜。わたしは急いで白玉楼に戻った。
 自分の過ちを幽々子様に告白せねば。


 白玉楼に着くなり、仕いの者が幽々子様の元へ来るよう言ってきた。
 急いで部屋へ向かうと、そこには泣きべそをかく幽々子様の姿が。
 怒りを込めて眉を吊り上げたりなさらず、出来の悪い部下を蔑む冷たい無機質な真顔をしているわけでもない。
 心底、わたしの心配なさっていた表情だ。
 何時間も無駄に時間を潰し、あの巫女と争って服を汚したのがお怒りを買うわけではなかった。
 強大な何者かと争っていたと、逆に誤解を生んだようである。
「あのですね、幽々子様……遅くなったのはいい逃れようのない訳が御座いまして……」
「言わなくてもいいわ、妖夢。小一時間で帰れるようなものを、こんなに時間がかかったのは……さぞかし力のある妖怪に振り回されたんでしょうね」
 きちんと説明しようにも、お察しされている状態。
 信頼されているから故に、優しい言葉で仕事のミスを無視してくだっている様にも感じ取れる。
 でも今は違う。
 その信頼を裏切る行為があった。
 ごまかしきれない、自分の過ちがあった。それを伝えなければいけない。
「違います!」
 幽々子様のお言葉を遮るように、叫んだ。
 涙が湧き出る。嗚咽が出てきた。
 でもそれらをかみ締める。
 幽々子様はわたしの言葉を待ってくださった。
「わたしはお使いから帰る途中、怠けて昼寝をしていました!」
 お腹に力を入れて叫び、でこを擦るように土下座。
 今更ながら、軽率な行動に恥じるべきだったと悔やむ。
 自分の愚行に、師匠も悲しんでいらっしゃるに違いない。
 溢れる涙で畳をべとべとに染めながらも、謝罪した。
「あらあら、そうなの」
 頭の中が真っ白になった瞬間。
 信頼していた部下に裏切られた幽々子様は、きっとお怒りになるであろう。
 すすり泣き、呼吸もまともにできなくなってきた。
「幽々子様のお使いを怠けたこの大罪! どんな形でも償いますから! うぐ、ど、どうか、どうかお許しを……」
 どんな罰でさえも、この身に受ける覚悟で。
 これからも幽々子様をお守りさせていただければ、それでいいと思った。
 今ここで腹を切れと言われても、遂行する覚悟で。
「──そうね。明日は妖夢の休暇を兼ねてどこかに出かけましょう。それで許してあげる」
 まず、自分の耳を疑った。
 頭の中でもう一度今の言葉の意味をかみ締める。
 恐る恐る顔を上げると、幽々子様は笑っていた。
「ゆ、幽々子ざまあ……」
「この所、妙に働きづめで忙しかったでしょう。庭の仕事ぶりから、何か思いつめたような感じはしたのよ」
「ゆ、幽々子様〜。ああ、ありがとうございますー!」
 寛大なその心に対する感謝が、尽きない。
 さっきとは違う感情の涙が止まらなかった。
 あまりの嬉しさに、笑みが零れる。
 幽々子様も、一緒に笑ってくれた。
「もう今日は休みなさい。明日に備えて」
「はい!」
 一礼して部屋を出て行く。
 幽々子様が就寝前にいつもする、屋敷見回りの仕事に精を出す。
 不思議と足取りが軽い。気持ちも軽い。
 もしかすると、幽々子様はわたしの苦悩を見抜いて気遣いなさっていたのかもしれない。
 だから今日仕事を怠けていなくても、休暇を頂けたのかもしれないと想像してしまう。

 幽々子様が休んでいる姿を想うと、念入りに何周も見回りしようかと思う。
 それだけ今は幽々子様をお守りしたい気持ちで一杯だ。
 そう、わたしは幽々子様にお仕いしたいという気持ちでこの仕事を選んだ。
 誰かに無理強いされたわけじゃない。
 だからきっと、怠ける等という次元の話ではないのだろう。
 それでも怠けてしまった自分が恥ずかしい。情けない。
 二度とそんな失態を犯さないよう、師匠に誓った。
 腑抜けて、失ったものを取り返した今の自分ならこれからも信念を貫ける。そう確信した。
テーマである「穴」の意味をかみ締めて、いろんな穴を考えた末「気持ちの穴」をテーマとして書きました。
少しでもそれが読者様に伝わっていれば、作者冥利に尽きます。
この場をお借りして、アップローダー内のスペースを貸していただいたことにお礼申し上げます。

結果発表されたということで、コメントチェックさせて頂き、誤字脱字等の修正を。
それと批評期間中は名前が皆「匿名」になると知らずに急に変えたのですが、まあ変える必要もないのでいつもどおりに戻しました。
それでは、これで。
だおもん
作品情報
作品集:
最新
投稿日時:
2007/05/12 19:45:47
更新日時:
2007/06/04 01:27:18
評価:
0/0
POINT:
0
Rate:
5.00
1. 4 A・D・R ■2007/05/13 14:57:25
気持ちの穴…それを埋められる人の存在は、幸せなことですね。
いいお話でした。
2. 3 shinsokku ■2007/05/15 23:18:52
ゆったり、さっぱり、のーんびり。
それでいてこってりとした濃厚な舌触りと四千九十六種類のブレンドのあるのが幻想郷だ、と思っている自分には、少しあっさりすぎに感じられてしまい。
綺麗すぎなのでしょうか。うーん。申し訳ない。
3. 4 爪影 ■2007/05/16 13:44:15
 たまの息抜きも、ええもんです。
4. 1 詩所 ■2007/05/19 16:02:48
例えば議題が「穴」と知らされずに読んだ場合にこの文章から穴が出てくるのか?と言われるとメッセージ欄を読むまで分からないと思います。
実際の穴を使えとは言いませんがもう少し穴分を補充するともっと良くなるかと。

偉そうなこと言ってスンマセン。
5. 5 秦稜乃 ■2007/05/24 09:00:44
心境の変化。心の穴を埋めるもの。
いい話だと思いました。
6. 4 どくしゃ ■2007/05/25 19:55:34
タイトルから「えぇ!?」って思いましたけど、納得のお話。
希少な話を読めて得した気分ですw
7. 2 反魂 ■2007/05/26 18:36:18
ちょっと淡々としすぎているかな、と。
ほとんどプロットのままのような形で、物語としての動きに欠けているとしか言いようがありません。
急に悩んで急にきっかけが出来て急に解決した、ではなく、それを物語として表して欲しかったかなという印象です。
8. 4 流砂 ■2007/05/26 21:51:56
とりあえず後書きは要らないかな、と。
あと言葉が少なくて、読者に『筆者さんの理解している妖夢の苦悩』が
意外と伝わってなかったり。 妖夢が泣いたり幽々子様が心配したり
許したりするシーンでは着いていけずに感情置いてけぼりになりました。
9. 6 deso ■2007/05/26 23:50:45
まあ、働いてれば怠けたい時だってある。普段真面目な妖夢は仕事をサボっても真面目なんだなぁ、と和みました。
10. 8 あああ ■2007/05/27 02:58:37
人間ならたまにさぼりたくなるときってありますよねー。
作品から作者の頑張りというか熱意みたいなものを感じました。
−2点は始まりも終わりもいきなり過ぎたかなと。
11. 5 blankii ■2007/05/27 11:11:56
いや、誰だってそんな気分の時はありますよね――と自己弁護も兼ねて言ってみる。ともすればdutyをこなすだけの毎日には、ゆゆ様の優しさが欲しいのです。ああ。
12. 6 椒良徳 ■2007/05/27 19:54:04
ほのぼのしていますね。誤字、脱字等もなく読みやすい文章で良かったと思います。
ただ、ほのぼのしているだけの作品はコメントに困ると言うか。
もっと貪欲に点数を取りに行っても良いかと思います。感動の超大作とか、背すじの凍るホラーだとか、大爆笑のギャグだとか、手に汗握るバトルだとか、甘々の百合だとか。いや、私が読みたいってだけなんですが。
13. 10 ■2007/05/28 00:59:23
一人では上がれない深い穴も、手を貸してもらえば上がって来られる。ほんとうに良い少女、良い主従関係でございました。
14. 3 らくがん屋 ■2007/05/29 10:52:54
相対評価はあんま良くないんだけど、“心の穴”は今回多かったんで御容赦を。
15. 3 鼠@石景山 ■2007/05/30 01:00:16
サボり妖夢。馬鹿みたいに真面目で盲目な妖夢ってものアレだろうと思いますが、この辺が妖夢の未熟たる所かも知れない。
……この辺は魂魄さんちの家訓とかに書いてあるような気がする。
がんばれ、みょん之助。
16. 3 いむぜん ■2007/05/30 02:28:44
当たり障りの無いテーマと、いきなり始まった感のある冒頭。諭すのが霊夢というのはあまり見ない、か? いやあったかもな。
妖夢はこういう時に諭してくれる人物に事欠かないな。
17. 4 リコーダー ■2007/05/30 16:09:23
たまにはこういう時もあるさー
18. 5 眼帯因幡 ■2007/05/30 17:40:12
たとえ好きでやっていることでも、嫌になるときはありますよね。
そういう時は何故か、好きなことである筈のものを仕事や使命のように感じてしまいます。

>最近はどうにも足取りは重たい。→最近はどうにも足取りが重たい。
このようにした方が読みやすいかもしれません。その他、気になる表現があったので、一応……。
未熟者が偉そうにすみません、お疲れ様でした。
19. 5 K.M ■2007/05/30 18:55:53
熱心な庭師であっても、仕事に疲れることくらいあってもおかしくないですよね。
でもちゃんと復帰できるあたりが流石。
20. 5 二俣 ■2007/05/30 20:31:46
独白から最後まで一気に読めて気持ちがいい。
中盤のバトル描写をばっさり省いたのは非常にいい判断だと思います。
21. 4 たくじ ■2007/05/30 22:25:07
なんだか説教臭く感じてしまい、あまり物語に入り込めませんでした。
22. 3 藤村る ■2007/05/30 23:34:27
 うーん。
 結局のところ、妖夢が怠けた理由はやっぱり疲れてたってことなのかしらん。
23. 1 時計屋 ■2007/05/30 23:43:36
妖夢の悩みの原因が最後まであやふやでした。
ラストも、それで解決したのか、と首を捻るようなものでした。
心の穴をテーマに考えたということですが、肝心の心の穴が見えづらかったため、お題に沿ったSSとも言いがたい。
24. フリーレス だおもん ■2007/06/01 01:49:18
皆様にお読み頂き、また点数と感想を頂き感謝感激にございます。
まとめてコメントに返信させていただく形をとらせていただきますね。

今回こんぺ作品に「心の穴」をテーマとしたものが多く、あまりパッとしない作品にしてしまった感が。
肝心のテーマが感じ取れないという旨のコメントも頂いております通り、色々と言葉足らずなようで。つまりはテーマを生かしきれていない自分の技量不足で……。
シリアスでもギャグでもない物を書いていればいつのまにかほのぼのに。あと少し捻りがあれば読者様方を楽しんでいただくことができたかもしれません。

戦闘シーンを書かなかったのは、切ったほうがいいと思ったわけでもなく時間が無かったわけでもなく、書くのが面倒で書かなかったり。結果的にないほうがまとまりがいいと自己満足してます。これがいいというコメントも頂いて感激です。

初めて参加させて頂いて、これだけの感想を頂けて自分では満足です。が、点数が三ケタ寸前なのが悔しいですねえ。
また次回こんぺに参加させていただく機会があれば、そのときにリベンジします。
では、このへんで。
名前 メール
評価 パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード