あなたとの世界

作品集: 最新 投稿日時: 2009/05/09 23:53:40 更新日時: 2009/06/19 23:36:11 評価: 19/21 POINT: 115 Rate: 1.40
 

 あなたと出会ってから、いくつの夜を共に歩いてきただろう。



 冬の夜、雪の上にたたずんでいると、ふとした拍子、時間が止まったように錯覚することがある。自分が無意識のうちに時を止めてしまっていたのかと、そう思うような一瞬。
 ほどほどに晴れた日、風が止んだときだ。不意に世界から音が絶えて、すると色彩に乏しい夜の広がりは、咲夜だけが知る空間とそっくりになるのだ。時の止まった世界と。
 雪に覆われた大地、瞬きすらせず凍てついた星たちの浮かぶ漆黒の空、白と黒のみで構成された天地の狭間で、ただ咲夜だけが色を保っている。白銀の髪、蒼い氷の瞳、寒さに淡い朱のにじんだ頬、乾きかけた桜色の唇。白い息をこぼして、まるでこの世界に呼吸をしているのは彼女ひとりであるかのような光景。
 でもそんな錯覚はすぐに吹き流される。北からの風が頬を撫で、髪を揺らし、瞳に涙をにじませる。風はいずこからか灰色の雲を招いて、空に白いかけらが散りはじめる。やっぱり時は止まってなんかいない。ここは咲夜ひとりの世界じゃない。咲夜と、数え切れない多くの人たちの世界だ。
 ほ、と白い息をついて、咲夜はわずかに首を巡らせた。背負っていた建物、夜目にも歴然と紅い館の影が、すぐそこにある。温かな血の色。咲夜が敬意と愛情をもって仕える主の色。

「おーい、咲夜ー」

 ちょうどそこへ、その主の呼ぶ声がする。寝室からだろう、起きぬけらしき、どこか舌ったらずな幼い声。本来ならばここまで聞こえるはずもないのだが、紅魔館の敷地内ならば、咲夜の耳に届かない道理はない。なにせこの館の空間は、半ば咲夜が支配しているも同然なのだから。ゆえに、彼女は完全なメイド長なのである。

「はい、ただいま」

 逆にこちらからの声は届いていないだろう、いかに相手が吸血鬼の優れた聴覚を持っているとしても。それでも咲夜は幸せそうな顔でつぶやくと、目を閉じて、能力を使った。
 時が止まる。
 今度こそ本当に、世界は色を失った。空も大地も紅い館も、いまは等しく影となり、そんな世界に咲夜だけが色彩を保っている。彼女だけが時間を保っている。彼女だけが、この凍りついた世界を再び回すことができる。だから彼女がこの世界の中心、ここは咲夜の世界。
 自分だけの世界を、咲夜は悠然と歩き出す。主の呼び声に「瞬時に」応えるため。完全で瀟洒な従者を演出するため。
 世界で唯一、自分だけがそれを可能とする。そのことが咲夜の何よりの誇りであり、生き甲斐だった。




 夜はゆっくりと針を進めていく。
 寝起きのレミリアを相手して後、咲夜はキッチンで料理にかかっていた。ぼんやりニ暖かな光に照らし出された厨には、鍋がことこと煮える音と、包丁が具材をとんとん刻む音と、軽やかな鼻歌とが入り混じって漂っている。

「さーくやっ」

 声がしたかと思うと、背後で空気がふわりと揺れた。翼を広げたレミリアが滑空するようにしてキッチンへ入ってきた気配。

「お嬢様、お茶のおかわりですか」

 背を向けたまま咲夜は応じ、言葉を切ると同時、時間を止めた。
 たちまち室内から全ての色が抜け落ちる。色とりどりの食材も、瀟洒な意匠の施された食器の数々も。レミリア、紅色を名に持つ少女とて例外ではなく、ただの灰色の影となって宙に浮かんだまま固まっている。
 やはり咲夜だけが色を持ち続けていた。咲夜と、咲夜の身に着けている衣料や装飾品、手に持っていた包丁などだけが。この世界で色を保てるのは、世界の主である咲夜自身か、能力の使われた時点で咲夜の手中にあったもの――いわば咲夜に隷属するもののみだった。
 咲夜は包丁をまな板に置くと、これから刻もうとしていた玉ねぎたちをそっと物陰に隠した。レミリアはどうも玉ねぎが好きでないらしく、視界に入るとあまり機嫌がよろしくなくなるからだ。「形がそこはかとなくニンニクに似てるから」とか言っていたが、むしろ味や匂いが好みではないのだろう。ただでさえ嗅覚の鋭い吸血鬼、香りの強いものには敏感な上、わがままなお子ちゃま舌も併せ持っている。なのでいつも料理に使う際は、視覚ではほとんど認識できないほどまで細かく刻み、香辛料の多重迷彩で匂いも隠すといった工夫を凝らしている。……ぶっちゃけ、そこまでしてレミリアの嫌いな食材を用いなくてもよいのでは、とは咲夜も思っている。どうせ吸血鬼なんだから栄養のバランスとか考えなくてもいいし。
 それはさておき、咲夜はボウルの水で手をすすぐと、時間停止を解除して振り返った。玉ねぎを隠したことなど微塵も悟らせぬ、自然な仕草で。

「呼んでくださればお部屋までお持ちしますのに」

 そう言って、常に水を絶やさぬよう努めているケトルの方を向く。ちょいと時間をいじってやれば、お湯が沸くのもすぐだ。
 しかしレミリアは咲夜の方へとふわふわ飛んできながら、かぶりを振って見せた。

「あら、じゃあ、ご飯? まだ早いですよ」
「なんでそう、私が飲むか食べるかしかしたがらないように言うんだよ」

 レミリアは頬を膨らませる。

「じゃ、どうしたの」
「退屈なのよ」

 まあそんなことだろうと思った。咲夜は微笑むと、まな板に体の向きを戻した。その背中に、宙を漂ってきたレミリアがぴたりと貼りつく。

「邪魔はしないでくださいね、私のじゃなくてお嬢様の指を切っちゃいかねませんから」
「今日はボルシチ?」

 咲夜の肩越しに調理の様子を覗き込んで、レミリアは翼をゆらゆら揺らした。沸騰した鍋の水面で弾けるあぶくたちをじっと見つめていたかと思うと、不意に眉をひそめる。

「咲夜、背、伸びた?」

 肩を掴むレミリアの手に、ほんのちょっと力が加わるのを、咲夜は感じた。

「え、そうですか?」

 空とぼけてみせたが、自覚はあった。なにせついこの間、メイド服の寸直しをしたばかりなのだ。

「まだ成長期なんですよ。若いですから」
「咲夜は死ぬ人間だものね」

 レミリアは首を伸ばして、頬を咲夜の頬にぴたりと寄せてくる。ひやりと冷たい吸血鬼の肌に、咲夜はくすぐったさを覚えた。そのせいだろうか、レミリアの声の響きが微妙に変化していたことに気づけなかったのは。

「ね、咲夜」

 なぜだか分からないがレミリアは咲夜の肩によじのぼり、肩車の格好に収まった。

「今夜のご飯は多目にお願い」
「ほえ?」

 思いもよらぬ言葉に、咲夜の応答が腑抜ける。

「いいですけど……残したらダメですよ?」

 レミリアは筋金入りの小食主義者だった。咲夜が懸念を抱くのも仕方がない。
 だが、

「残すものですか、咲夜の料理だもの」

 妙にきっぱりと、咲夜が舞い上がってしまいそうなことを、レミリアは宣言した。




 宣言を違えることなく、その夜のレミリアは、普段より四割ほども増した量を平らげた。かなり苦しげにではあったが。壁際に控えながらいつ戻してしまうかと気が気でない咲夜の見守る前で、見事に完食を果たしてしまったのである。
 咲夜は嬉しいやら、そこまで無理してくれなくてもなあと苦笑するやら、複雑な感慨を覚えた後、それにしてもどうしてまた急にお嬢様は食事量を増やそうなどと考えたのだろう、そんな当たり前の疑問を頭の中で渦巻かせた。宣言が行われてから幾度となく渦巻かせている疑問で、納得できる答えはまだ導き出せていない。レミリア本人に訊いても、「今に分かるわよ」とわざとらしさ満載の陰謀めいた表情を作って韜晦されるだけであった。
 さらに奇怪なことに、この気まぐれは一晩限りのものではなかったのである。次の夜も、その次の夜も、またその次の夜にも、レミリアは同じく増量した食事を咲夜に要求した。
 そのまま習慣になってしまうのかと思っていたら、今度は七日目の夜のことだ、ベッドから起きてきたレミリアは、「今日はご飯、いらない」などと方針を大胆に転換してきた。
 これには咲夜も目を白黒させ、でも日ごろからお嬢様の我がままには慣れっこだったため、はあそうですかと受容した。こんなことで狼狽していたら、紅魔館のメイド長など務まらないのだ。
 ところが、それからほんの数時間後、咲夜はどうしようもなく狼狽させられることとなる。

「うん、いい具合に空いてきたわ」

 もう明け方近く、レミリアもそろそろおねむの頃合だった。就寝の用意を整えるべく寝室を訪れた咲夜の前で、寝間着に替える途中の我がままお嬢様はネグリジェの上から自分のお腹を軽くさすり、訴えるような目つきを送ってきたのだ。
 咲夜はやんわりした口調でとがめる。

「だめですよ、今更そんなことおっしゃられても。眠る直前にものを食べたら、妖怪くっちゃねになってしまいますよ」
「咲夜は妙なところで固いなあ」

 そう言って咲夜に向けてきたレミリアの目は、不思議に優しい色合いをしていた。

「いいじゃない、今夜だけ。ね?」
「……しょうがないですねぇ」

 苦笑交じりの溜め息をこぼすと、レミリアはにっこりと笑った。咲夜が折れることなんてあらかじめ分かっていたとでもいうような、絶妙な間の笑みだった。
 咲夜はエプロンのポケットから懐中時計を出し、時間を確かめる。

「それではちょっと待ってくださいね。何か軽いものを用意しますから」

 そう、やると決めたならば、今すぐに。それが完全なメイド長に求められる仕事だ。
 咲夜は完璧な仕事にかかるべく時間を止めようとした。が、その機先を制するようにレミリアが声を発した。

「それには及ばないわ」

 一歩、咲夜に足を寄せる。

「食べるものは前から決めてたから。もう、用意済みよ」

 そして床の絨毯を蹴って浮き上がり、ふわりと咲夜の頭上を跳び越す。優雅な動きが、却って咲夜に鋭敏な反応を許さなかった。レミリアはあっさりと咲夜の背中にとりついて、メイド長の白く細い首筋に唇を寄せていた。
 舌先がちろりと、肌を舐める。咲夜は自分の汗の匂いを嗅いだ気がした。

「……お嬢様」
「ここしばらくで、私の胃袋もちょっとは大きくなったと思うの。頑張れば、致命傷に届くかも」
「届いちゃだめでしょう」

 致命的な吸血行為、すなわち吸血対象の吸血鬼化のことを、レミリアは言っているのだ。咲夜を、自分の眷属にしようと、そう告げている。

「試すだけだから、ね?」
「試しちゃいけない類のことですよ、これ。私の能力だって、こぼれたミルクを皿に戻すことはできないんですから。ほんとに吸血鬼になっちゃったら、どうしてくれるんですか」

 もちろん、レミリアはそのつもりなのだろう。そのためのここ数日の奇行だったのだ。そして、彼女がなぜ咲夜を眷属にしたがっているのか、その理由も見当はつく。咲夜に遠くへ行ってほしくないから。死ぬ人間のままでいられるのが、やっぱり辛くなったから。

「責任はとるわよ。一生かけてもね」

 レミリアが微笑む気配。口元に可愛らしい牙がのぞいている様を、咲夜はたやすく想像できる。

「それに、一滴だってこぼさないように頑張るわ。咲夜の血だもの」

 そしてあっさりと、レミリアは料理に口をつけた。
 肌を穿たれる痛みは一瞬で、すぐさまこの世のものとも思えぬ快楽の痺れが咲夜の脊髄を貫いた。喉からほとばしりそうになった愉悦の悲鳴を、咲夜はなんとか噛み殺す。意思を強く保とうとしながら、震える唇の間から声をつむぐ。

「いい加減にしないと怒るわよ。ご飯に生煮えの玉ねぎ入れちゃうから」

 ちゅうちゅうと、返ってくるのは吸引の音ばかりだった。あちらはあちらで懸命らしく、咲夜の言葉に耳を傾けるつもりがないのではなくて、その余裕がないらしかった。
 行為は順調に進んでいく。体の中から血が失われていくのを感覚していた咲夜は、不意に自分が死線を踏み越えようとしていることを悟った。断ってはならない最後の糸が、ほつれ、今しも切られようとしている。
 ほとんど本能の行動だった。咲夜は能力を解放し、時間を止めていた。
 室内の色が消し飛ぶ。音が虚無に飲み込まれる。展開された世界に残ったのは、ただ咲夜の色彩と、荒い息遣いのみ――

 ちゅうちゅうと、吸血の音が続いているのを、咲夜は耳にした。

 愕然と声にならない声を上げて、それで吸血に夢中だったレミリアも異変に気づいたようだ。行為を止め、動揺の息で咲夜の耳の裏をくすぐった。

「……あれ、なにこれ」

 牙を引き抜いて、呆然とした声を発する。時が止まっているはずの世界に、ありえないはずの音を響かせる。咲夜の世界に、レミリアは確かに動いていた。
 レミリアの牙の先から、赤い珠がひと粒こぼれ、そこでぴたりと静止する。首だけで振り返った咲夜はそれを目にし、間違いなく時間が止まっていることを確認した。
 じゃあ、どうして。
 口を薄く開いて立ち尽くす咲夜の背から、レミリアが降りた。丸く見開いた目で、色が失われた室内を見回している。彼女も咲夜と同じように、色彩を保ったままでいた。紅い瞳、すみれ色の髪。口元からネグリジェの胸元にかけては、血の色に染まっている。

「何がどうなってるの、これ。咲夜、わかる?」
「これは……ここは、私の世界です」

 呆然と、半ば無意識に、咲夜は口を動かしていた。
 レミリアは小さく首をかしげ、口元に指を当てて、その言葉を咀嚼しているようだった。ややあってから、理解の色で瞳をきらめかせる。

「そうなんだ、これが、時間の止まった世界というわけね」

 声も興奮に色づいていた。部屋の中央で天を仰ぐようにして、レミリアはくるりと回る。色の無い、なんの面白みもない世界を、上気した顔で愛おしげに見つめている。
 その様を前に、咲夜は衝撃と失血に意識を朦朧とさせていた。目の前が暗くなっていく。急に視界がぐらりと斜めに傾いだかと思うと、咲夜は重力に抗えなくなり、レミリアの小さな悲鳴を遠くに聞きながら、気を失った。




 パチュリーの打ち立てた怪しい仮説によれば、こうだ。
 血とは、個々の存在を形作る上でも重大な要素のひとつである。それがある程度まで奪われると、その者の存在は非常にあやふやな状態になる。
 逆に血を奪った者は、対象の固体情報を取り込んだにも等しい。その量がある程度に達する、つまり閾値を超えたとき、血液の取得者と被取得者の種族や能力如何では、互いの身体になんらかの変化が生じる。吸血鬼による対象の吸血鬼化など、まさにそれだ。
 今回の場合、咲夜の血を多量に摂取したことでレミリアは、咲夜という存在を構成する重大な要素の一部をも自らに取り込んでしまった。咲夜の能力、時間を操る程度の能力のかけらを、遺伝子の端っこに継ぎ足してしまった。
 それによってレミリアは「咲夜の世界」を認識し、その中で自由に行動することが可能となったのだ――

 いつもながら胡散臭いことこの上ないパチュリー論であったが、悔しいことにこれを覆せるだけの異論を、咲夜は提示することができなかった。
 それに、おそらくパチュリーは真実に近いところを射止めているのだろう、珍しいことに。
 理屈ではなく、感覚でわかるのだ、咲夜には。あの後、目を覚まして、自分が二度とまともには太陽の下を歩けなくなっていることを知った咲夜には。
 自分が奪われたものと、代わりに得てしまった、より重いもの。そのことを思うたび、噛まれた首筋の痕がうずいた。



 世界は一変した。
 お茶を求められても、魔法のように短い時間で届けることができなくなった。
 労働に疲れてこっそり休む姿を、一番見られたくないところを隠すことができなくなった。
 かつて無色の世界は味気なく、だがそれが咲夜の完全さを支えてくれて、だから心安らぐ場所となっていた。
 でも今は、咲夜のほかにも色を保って闊歩する者がある。白と黒とに凍りついた背景に、一滴の紅いしずくが混ざっている。
 そのことは、咲夜にとって耐え難いストレスだった。




 決意を固めるまで、さほどの時間は要しなかった。


 ある夜、咲夜は館の玄関ホールでレミリアと対峙した。かつて咲夜が能力で押し広げた広い広い空間に、ただふたりだけで。遥か高い天井から見下ろす重厚なシャンデリアが、ふたりの足元におぼろな影を作っている。
 咲夜は一礼するなり、告げた。

「私の血を、私の世界を、返してもらいます」

 レミリアは数度、紅い瞳をしばたたかせると、うっすら牙を見せて笑った。

「あいにくと、一度自分のものにしたら手放す気はないよ。咲夜も知ってるくせに」
「ええ、よーく存じていますわ」

 咲夜も微笑み返す。

「ですから、力ずくで」

 胸元に掲げた右手、その指の間にナイフの束が瞬時にして並んだ。これくらいの芸当ならば時を止めずともこなせる。どの道、レミリアの目には見切られていそうだったが。
 そして左手にはスペルカードの束を持った。それをまとめて床に落とし、上からナイフを一本、叩きつける。銀の刃はカードの束を床にがっちり縫い付けた。
 レミリアが笑みをたたえたまま、わずかに目を伏せた。

「短い夜だったわね」
「私ははじめ、ここまで長くなるなんて思っていなかったんですよ。とんだ運命の悪戯ですわ」
「始まりも終わりも、私の責任って言いたいわけか。咲夜、恨んでいる?」
「いいえ、血のひとしずくほども」

 咲夜が冗談っぽく返すと、レミリアも目線を前に戻し、肩をすくめた。

「楽しかったですわ、とても」
「これが最後のお楽しみね。いくわよ、私のメイド」



 レミリアに渡った咲夜の血は、吸血鬼のものと混ざり合い、いまやすっかりレミリアの一部だ。咲夜の部分だけ返せと訴えても無理な相談だった。同様に、レミリアが獲得した新しい能力だけを消失させるなんてことも不可能となっている。咲夜は時間遡行の術を持たず、レミリアも流れ去った運命まではなかったことにできない。
 だから、咲夜が元の、混じりっけなしだった頃の「咲夜の世界」を取り戻すには、招かざる部外者を力ずくで追放するしか方法がなかった。そしてその手段とは唯一、対象の抹消のみ。



 戦いの帰趨など、蓋を開ける前から明らかと言ってよかった。
 はなから射撃を捨てて白兵格闘を仕掛けてきたレミリアに、咲夜は防戦に徹するしかなかった。身体能力では雲泥の差がある。吸血鬼の、ほとんど音の領域に届きかねない速度で繰り出される爪牙を、咲夜は常人離れした空間認識能力と未来予測で、どうにか紙一重にかわしていた。かわすだけで反撃に移る暇はない。レミリアが油断してくれれば隙も望めるのだが、吸血鬼の紅い瞳には一片の容赦も見出せなかった。
 最大の武器とする時間操作能力を一部とはいえ共有されている以上、咲夜にこの劣勢を引っくり返せるだけの手立てが打てるものではなかった。
 切り結びはじめてから数分、ついに紅い爪の切っ先が咲夜を捉えた。左の肩口を裂かれ、振りぬかれた爪の勢いにもんどりを打つような形で壁まで飛ばされる。叩きつけられた衝撃にうずくまったところへレミリアが影を曳いて疾走してくるのを目にし、たまらず咲夜は能力を用いていた。
 世界が咲夜のものとなる。
 あらゆるものから色が滑り落ちて、だが咲夜と、レミリアだけは変わらない。疾走を続けるレミリアは、咲夜の苦し紛れをあざけるように、哀れむように、口の端を吊り上げた。
 半瞬後、ふたりの距離はなくなり、爪が振り下ろされる。
 音も無く、色も無く。
 鉄をも引き裂く紅い爪は、咲夜の胸、心臓があるあたりにその先端を向けて、胸を覆う衣服から一寸ほどの間を残し、止まっていた。
 レミリアが自分の意思で寸止めしたわけではなかった。吸血鬼の腕を、咲夜の手が掴み、静止させていた。
 困惑した顔となるのも一瞬、レミリアは腕を振りほどこうとする。だが咲夜の手はしっかと掴んで離さない。決して咲夜の膂力がレミリアのそれを上回っているわけではない、なのになぜかレミリアは抗うことができなかった。
 混乱に目を大きく見開いているレミリアを、咲夜は悲しげに見つめた。

「ここは私の世界なんです、お嬢様」

 握ったレミリアの手首を胸元へ引っ張るようにする。レミリアは踏ん張ろうとしたらしかったが、咲夜はやすやすとその小柄な体を引き寄せてしまった。
 胸元へ引き込んで、軽く抱く。

「ここで私以外のものが色を持ち続けるというのは、こういうことなんです。私の従属物であるという証なんです」

 だから、レミリアは抗えないのだ。帽子の上から、小さな頭を撫でられても。ゆっくりと、優しく、慈しむようにされても。何もできない。

「お嬢様が私の従属物に成り下がっただなんて、許しがたいことでした。逆こそが私たちの正しい姿なのに」

 話を聞いているのかどうか、レミリアは目を見開いて、咲夜にされるがままとなっている。

「この世界のおかげで、私はお嬢様の完全な従者でいつづけることができました。それは私にとって何よりの喜びで、生きる理由でもありました。死ぬまで完全な姿であなたに仕え続ける、それが私の存在意義とまで信じていました」

 頭を撫でていた手がうなじへと下りていき、さらに背中へと至る。一対の翼の間、背筋をなぞるようにしながら、背中の中心で手は止まった。

「この世界を抜きにして、私は完全な従者を果たしえません。けれど、お嬢様に認識されることを許している今の世界では、やはり私はあなたの従者たりえないのです。あなたに瀟洒な私を見せられず、あまつさえあなたを隷属させてしまうなんて……だから、どうしても元の世界を取り戻したかった。取り戻さなければならなかった」

 だがそれには、主たるレミリアを消すしかない。主を失えば、もちろんそこにメイドが存在する余地もなくなってしまう。背反する命題。いずれにせよ、咲夜はもう二度と、理想とする従者の姿を取り戻すことはできないのだ。ならばどうしてこれ以上、無意味な生を続けていられよう。
 咲夜は、選んだ。

「あなたのせいです、お嬢様。だから」

 主の背中へと回していた手に、転瞬、一本の銀のナイフが出現している。

「本当は、この事実を突きつけることなく、あなたを殺してしまいたかった。終わらせてしまいたかった。それができなかったのは私の力不足ですが……手加減してくださらなかったことについては、感謝しています。楽しかったですよ、とっても」

 そしてあっさりと、咲夜は主を手にかけた。

「あ……」

 狙い過たず心臓を刺し貫かれて、レミリアは口腔から血を吐いた。咲夜の服に赤黒い染みがいくつも広がる。それを瞳に映しながら、幼い吸血鬼はぐったりと、体から力を抜いた。
 その体を横向きに抱きなおして、咲夜は立ち上がる。肩の傷に顔をしかめながらも、レミリアを支える手だけはしっかりとしていた。
 能力が解かれ、周囲に色彩がよみがえった。咲夜の世界を抜け出しても、銀の杭に心臓を貫かれたレミリアはやはり動けないまま、咲夜の腕の中におとなしく収まっている。
 咲夜は空間に働きかけて玄関の扉を開き、ポーチへと出た。ふたりを迎えた冬の夜は、白と黒とに凍りついている。それでも東の遥かへと視線を飛ばせば、山の稜線の極みのあたり、空の色はかすかに藍色へと近づきつつあった。あと一時間と待たず、朝日が訪れ、世界に色をもたらすだろう。
 そして、ふたりの吸血鬼には灰を。

「ねえ、咲夜。訊きたいんだけど」

 レミリアがか細い声を上げた。その口元を汚している血痕を拭ってやりながら、咲夜はうなずく。

「なんでしょう」
「あんな味気ない、紅のひとしずくもない世界にひとりきりでいたらさ、寂しくならなかった?」
「そうですねぇ」

 咲夜はちょっと首をかしげて、

「遠い昔は、寂しさよりも、ひとりになれる喜びの方が勝っていたように思います。今はひとりが良いだなんて、思っていませんけれど……私の胸にはいつもお嬢様がいましたからね。寂しくなんてありませんでしたよ」

 それに、おかげでレミリアの完全な従者でいられることを思えば。多少の味気なさなんて、いくらでも目をつぶれたのだ。

「例えどれだけの時と空を隔てていても、私の心にはいつだってお嬢様がいてくださります。それで十分だったんです」

 だから、あの世界には来てほしくなかった。まして、あんな取り返しのつかない形でなんて。
 しばらくの沈黙を経て、

「咲夜」

 レミリアはまた呼びかけてきた。

「一緒に、来てくれるの?」
「それはそうですよ」

 何を言わずもがなのことを、とばかりに咲夜は口を尖らせる。

「お嬢様がお望みならば、どこへだってついてまいります。お望みでなくても、できればついていきたいところですが」
「咲夜はいつまでも過保護だなあ」

 笑ったレミリアの顔は、疲労の色とは別に、どことなく眠たげだった。この夜も早くから起きていたため、睡魔が早足に訪れてささやきかけているらしい。
 咲夜も、やっぱり疲れきっていた。このところレミリアの目が気になって、自分の世界で満足いくまで休むことができなかったせいもある。
 でも、これでひとりきりの世界を取り戻せるんだ、前のように心置きなく、いくらでも休めるんだ。ゆっくり休んで、そうしたらまたお嬢様のために働こう。この世で一番大切なお嬢様のために――
 ポーチに腰を下ろした咲夜は、いつしかうつらうつらと頭を揺らしはじめていた。それより一足先に、レミリアはまぶたを閉ざしている。
 夜の片隅で身を寄せ合うふたりの上に、やがて朝が訪れる。ゆっくりと射しはじめた冬のやわらかな陽が、世界に新たな色彩をもたらしていった。

 
 
ひま。
作品情報
作品集:
最新
投稿日時:
2009/05/09 23:53:40
更新日時:
2009/06/19 23:36:11
評価:
19/21
POINT:
115
Rate:
1.40
1. 6 三文字 ■2009/05/11 22:15:23
物足りない……これが読み終わった時の感想です。
血を吸うと決意したお嬢様の描写をもっと濃く、綿密に書いていただきたかったですし、血を吸われる時の咲夜さんが余りにも淡白過ぎるというのも気になりました。
咲夜さんのストレスの溜まり描写も、もっと詳しく具体的なエピソードでもって書いてほしかったです。
でも、勝負の決着が意外性があってなるほど、と思いました。
できればもっとじっくり書かれたものを読みたかったです。
2. 7 名前が無い程度の能力 ■2009/05/12 12:28:17
ネウロのアヤを思い出しました。良かったどすえ
3. 8 パレット ■2009/05/18 00:58:23
ああ、素晴らしいです。
まるで子供のように禁忌を犯すレミリアと、完全な従者であるために主を滅ぼそうとする咲夜。これ以上無いくらいにしっくりくる。きっと、この作品の中の咲夜とレミリアが、間違いなくそうであるようにしっかりと筋の通った描かれ方をしていたからでしょう。
「鍋がことこと煮える音ニ」←誤字?
4. 3 名前が無い程度の能力 ■2009/05/30 00:21:35
なんか目的と手段が入れ替わってるような
5. 6 神鋼 ■2009/06/04 18:31:13
終わり方が非常に綺麗、だから悲しい。
6. 5 気の所為 ■2009/06/04 18:43:38
短いながらもキャラが立っていて面白かったです。
特にレミリアが良いですね。我が儘すぎる。
7. 4 焼麩 ■2009/06/07 02:19:50
うーん……
例えるなら「選択肢間違えてBAD END直行ルート」。
あまりに展開が一本道なので、もうちょっと救いの可能性を出して落とした方が映えるのでは。
主観だけど、こんなにあっさり終わるとは思えない。
文章自体は好きなんだが。
8. 6 有文 ■2009/06/07 23:33:32
少し性急すぎた気はします。雰囲気はよく、味があり、素敵なんですが、咲夜さんがお嬢様を手にかける道理には届かないかな、と。個人的見解ですが、もう一歩、共に消える理由を進めていただければと思わなくないでもないです。
でも、これも一つの愛なのかなとも思うのです。愛ってむずい。
9. 6 佐藤厚志 ■2009/06/10 02:18:34
人間と人外の奇妙な絆の物語。素敵でございました。
私はいつも行きつけのダーツバーでハイネケンとから揚げを食べるのです。最高の取り合わせです。この二人も最高の取り合わせですね。思い浮かべるだけで、物語がどんどん浮かぶんですから。
10. 6 ふじむらりゅう ■2009/06/11 00:25:50
 死亡フラグ! 死亡フラグ!
 時間ぎりぎりだから仕方ないのかもしれませんが、いろいろ詰め込みすぎで展開速すぎるかなーと。題材としては面白いけど、レミリアが吸血行為に至る過程があっさりしてて、咲夜の吸血鬼時代もさっぱりしてて、最後のシーンだけがじっくり書かれてて何だかとってもバランスが悪い。
 でもじっくり書かれているだけあって、最後のシーンは心に来るものが。
 ものすごくTrue Endのロゴ打ちたくなるような。
11. 7 moki ■2009/06/12 18:36:46
倒錯した雰囲気に文章と、とても素敵。咲夜の色の失った世界とそこに存在するようになった一滴の紅、そして彼女たちが存在できない陽のあたる眩い世界の対比が上手くて綺麗。
ただ咲夜の血を得たからそれ故に隷属するって捩れた現象は、うーん、どうなんだろう。レミリアが発動できないとしても、咲夜と同等或いは上位の存在となるのが自然に思えます。咲夜の能力の範囲外の存在、かな。話の根本に関わるとこで納得できなかったので点を引かせてもらいました。
12. 5 八重結界 ■2009/06/12 19:32:06
忠臣の咲夜ではなく、己の世界を守るために主を手にかける咲夜というのが斬新で、そのくせすんなりと受け入れることができました。
どこかで回避することが出来た未来なのか。
13. 9 名前が無い程度の能力 ■2009/06/12 20:53:08
素晴らしいとしかいえない。お題の使い方も。
終わりは悲しいけど納得できてしまうのも悲しい。
14. 8 ぴぃ ■2009/06/12 21:55:21
泣けるストーリーでした。
欲を言えば、紅魔館の他のメンバーを交えた大きな話だと、もっと泣けました。でも十分泣けました。

……それにしても、序盤と終盤で、お嬢様のカリスマレベルに格段の差がありますなw
15. 7 木村圭 ■2009/06/12 21:56:23
パチュリー論は所詮パチュリー論だったのか……!
短絡的で最低な結論と結末でしたが、斬新なネタはとても鮮やかでした。
手を変え品を変え散々語られてきた2人ですが、まだまだ描きようはいくらでもあるんだと再認識。
16. 5 K.M ■2009/06/12 23:02:56
モノクロとカラフル、喜ばれざる世界の着色……うーむ、覆水盆に帰らず。
17. 7 つくし ■2009/06/12 23:19:00
申し訳ありません、時間が差し迫っているため、採点のみにて、感想本文は後ほど改めて。
18. 6 時計屋 ■2009/06/12 23:25:11
 文章も丁寧ですし、お話も綺麗にまとまっていると思うのですが、なんでしょう、あまりにもあっさりとしすぎている気がしました。
 うまく言えなくて申し訳ないのですが、ドラマのダイジェスト版というか、プロットに肉付けしたところで終わってしまっているような印象を受けました。
 そんなわけでキャラの心情には付いて行けず、ラストも感動には至らず、という具合でした。
19. 4 ハバネロ ■2009/06/12 23:28:39
これも愛の形か 世界は唯二人のために。
20. フリーレス 匿名評価
21. フリーレス ひま。 ■2009/06/19 23:34:27
 よっこらせとレス返し。

>1.三文字さん
 淡白な描写はある程度狙った、というか照れ隠しみたいなものなのですが、それにしても薄味すぎたとは思いますです。説明不足な部分も含めて、じっくり書くべきでした。

>2.名前が無い程度の能力さん
 お褒めいただき光栄の至り。ネウロは、というかジャンプ自体久しく読んでいないのが残念に思えてきました。

>3.パレットさん
 キャラ的にこういうこともしかねない部分はあるだろうと思いつつ、やっぱり書いてて不安な部分はあったのですが、そうおっしゃっていただけて一安心。ご指摘の誤字については、どうも文字化けっぽいです……ありがとうございました。

>4.名前が無い程度の能力さん
 そこを突かれると非常に痛い。咲夜が出した結論までの心理の推移は、もう少し描写すべきだったと思っています。

>5. 神鋼さん
 形はどうあれ笑って終わることができたからでしょうか。どんな形でも彼女たちは笑って終わるのだと思いたいです。

>6. 気の所為さん
 わがままなところもレミリアの魅力のひとつですね。私も甘えられたい。

>7. 焼麩さん
 話の中の転機が決まったところで「これはもう取り返しのつかない話にしかならないな」と思い、その方向で突き進めました。信念という名の思い込みで走った結果がこれです。
 確かに一足飛びに過ぎた感は否めませんね……。でも案外、彼女らは取り返しのつかない事態に陥っても、あっさり受け入れてしまいそうな気もしたのです。

>8. 笊さん
 私も昨今はハッピーエンド至上主義に走りつつあるのでバッドエンド書くのは久々でした。咲夜さんの魅力を出すのは難しいです。

>9. 有文さん
 咲夜さんの心理はもっと深く描写すべきでしたね。大事なステップをひとつ飛ばした感じが否めません。
 友愛とか信頼とかは、表現もむずいです。

>10. 佐藤厚志さん
 最高の取り合わせとまで聞かされると、試したくなります。バーなどもうずいぶんと行っていませんが。

>11. ふじむらりゅうちゃん
 半ば意図したものとはいえ、あっさりすぎるのは認めざるを得ません。濃く書こうとすると、べたべたした感じまで出そうで、それが怖いというのもあります。
 バランス悪いってのは昔から言われてますね。True End、そういうのもあるか……

>12.mokiさん
 当初は私もこのように咲夜さんを絶対的上位に立たせるつもりはなかったので、違和感は当然のものだと思います。現在の形にまとめたのは、諸々の事情のためでもあるのですが、やはりこの違和感は消してしまいたかった。

>13. 八重結界さん
 いざとなれば殺し合えるくらいに互いのことを尊重しているのかもしれません。なに言ってるのか自分でもよくわからない。
 気まぐれでねじれた運命なので、気まぐれで回避もできればいいな。

>14. 名前が無い程度の能力さん
 お題あっての今回の着想でした。変なところのシナプスがつながったみたいです。
 おかげでこう終わるしかなくなってしまったのでした。

>15. ぴぃさん
 他の面子はこのことをどう受け止めるだろうか、とは考えたりもしました。あまり考えたくない内容でした。
 カリスマの多寡はともかく、お嬢様の愛らしさはいつだってストップ高だと信じています。

>16. 木村圭さん
 パチュリーさんは今日も平常運転でした。
 我ながら安易な落としどころだとは思いましたが、ほかに選ばせられる道をいまだに見つけられていません。

>17. K.Mさん
 盆に帰らないなら、そのことを直視するしかないのでしょう。あるいはそれすらも楽しめる方法を探すか。

>18. つくしさん
 のんびりいきましょう。

>19. 時計屋さん
 淡白な上に急ぎ足とあっては、そう感じられるのが自然だと思います。もう少し溜める部分は溜めたりすべきだったですね。

>20. ハバネロさん
 やっぱり最後にはその言葉に落ち着くのかな、と思います。そういう世界。


 最後になりましたが、この作品を読んでくださった皆様、感想をくださった皆様、本当にありがとうございました。これで明日も戦えます。
 こんぺの舞台を用意してくださった方々にもお礼申し上げます。毎度ながら楽しいお祭りでした。
 それではまたいずれ。                                                            日間
名前 メール
評価 パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード