茶請けの雨

作品集: 最新 投稿日時: 2009/11/04 00:30:17 更新日時: 2009/11/04 00:30:17 評価: 25/26 POINT: 96 Rate: 0.93
※一部漢字の読み方が特殊です。あしからず。

 タララタララと音が鳴る。
 それは降り頻る雨の音。

 もういいか。
 熱した水がお湯になる。
 指先で触れる程度のお湯。
 茶碗に少し、急須に少し。
 あとはすこし蒸らすのみ。
 1分ほどのこの時間。
 本を読まずに外を見よう。

 タララタララと音が鳴る。
 それは降り頻る雨の音。 

 窓の外から見えるその景色。
 雨によって白んだ景色。
 春に白い花を咲かせた桜も、
 どこまで続く青い野道も。
 すべてが濡れて、姿を変える。
 薄く白んだその景色は。
 水墨画のように美しい。
 
 タララタララと音が鳴る。
 それは降り頻る雨の音。

 響く音はリズムを刻む。
 昨日行った無縁塚。
 そこで見つけた板材を。
 開けた窓の雨避けに。
 不思議な素材であったけど、
 次々響く雨音は、
 中々いやいやおもしろい。
 しかし見た目は不格好。
 雨も多少は漏れている。
 明日は取って店に置こう。
 河童あたりが買いそうだ。
 
 タララタララと音が鳴る。
 それは降り頻る雨の音。
 
 外から感じる草の香、
 雨から感じる水の香。
 心がとても安らいだ。
 ふと手元に顔を寄せれば、
 鼻をくすぐる茶の香り。
 茶碗に溜めたお湯を捨て。
 適度の熱の茶碗の中に、
 綺麗な色のお茶を注ぐ。
 香り大きく広がって、
 外の香りと馴染んだようだ。
 さぁさお茶をいただこう。

 タララタララと音が鳴る。
 それは降り頻る雨の音。

 雨のせいかいくらか寒い。
 窓の淵に触ってみれば、
 天から降った雨粒が、
 僕の右手を冷やしだす。
 茶碗に触れるといくらか熱い。
 ゆっくりゆっくり両手で持てば、
 冷えた右手が温まり、
 左は熱さに手を放す。
 今日の茶請けは胡麻煎餅。
 放した左で一枚掴むと、
 ざらりと見事に焼けていた。

 タララタララと音が鳴る。
 それは降り頻る雨の音。

 お茶を一口啜ってみれば、
 適度な渋みと甘さと共に、
 お茶の香りが鼻腔を過ぎる。
 残る味も悪くない。
 これは当たりだ、いいお茶だ。
 雨が机の端に降る。
 湿気が香りを広めるが、
 茶請けには少し悪いだろう。
 湿気る前にいただこう。
 煎餅を齧ってみれば、
 パリッと軽い音と共に、
 胡麻の香りが香り出す。
 醤油の味もいいものだ。
 多めに買ってよかっただろう。

 

 雨はまだまだ降り頻る。
 お茶も飲み終え一息ついて、
 次は何をするべきか。
 読書をするか。
 埃をはたくか。
 雨のこの日に埃は無駄だ。
 ならば読書を始めよう。
 半端に読んだ本を見る。
 
 目には無数の文字があり、
 耳には雨の音が響き、
 鼻には茶葉の香りが残り、
 手には本の手触りが。
 そして口に残った僅かな苦みが、
 僕を本の世界に引き寄せる。

 雨はまだまだ降るだろう。
 それならまだまだ本を読もう。
SSコンペ初参加でございます。
テーマは『雨』ということで浮かんだのが梅霖堂でした。
まぁそれとはだいぶ違う話ではございますが、雨の日の香霖堂です。
話、というよりは詩に近いですね。
リズムを楽しんでいただければと思います。
白麦
作品情報
作品集:
最新
投稿日時:
2009/11/04 00:30:17
更新日時:
2009/11/04 00:30:17
評価:
25/26
POINT:
96
Rate:
0.93
1. 6 バーボン ■2009/11/22 00:24:36
雨の日の香霖堂の、静かな雰囲気が感じられて良かったです。
大人な雰囲気の霖之助。好みです。
2. 3 shinsokku ■2009/11/22 01:39:15
雰囲気がこちらに沁みてくる前に終わってしまったな、という感じがしました。
もう少々ボリュームあったら好みかもです。
それと、こちらは野暮かもしれませんが、霖之助一人称であることの必然性が薄いかな、など。
意見ばっかりで申し訳ありません。
3. 2 冬。 ■2009/11/22 12:05:16
たららたらら、と音が鳴る。
確かに雨の音なのか、と思ったのですが、リズムを優先するならば、そんな音も良いと思いました。
4. 4 百円玉 ■2009/11/22 22:44:54
霖之助が詩人さんに見えました。
でも実際あの人は誰も店に居なければこんなふうに感じていそうですよね。
いつも薀蓄を考えている訳じゃない、霖之助の別の側面ですね。
5. 2 神鋼 ■2009/11/23 17:37:04
雰囲気は良いですが文章に感情を動かす力強さがありませんでした。
6. 7 ノノノ ■2009/12/09 18:11:23
テンポの良さは素晴らしいと思う。
けれども難しい漢字を使うことで、そのテンポがぶつ切りになっていてもったいない。
7. 8 夕霧 ■2009/12/29 12:39:19
SSとしてはどうなのかなぁとおもいつつも、リズムは楽しめました。
何よりラストで、何時もは鬱陶しく思う雨音が、たまに心地よく聞こえ
てくる時を思い出しました。
8. 3 リコーダー ■2010/01/03 14:54:41
胡麻煎餅のくだりは良いですね。匂いと、焦げ臭さと、手の冷えと、ピンポイントな熱さが伝わってきます。
しかし、出来れば全編でこの程度の鋭さを貫いて欲しいところ。
例えば「雨によって白んだ景色。」「すべてが濡れて、姿を変える。」等、具体的でない表現は省いて別の描写を入れられるでしょう。
9. 3 藤木寸流 ■2010/01/04 00:05:41
 リズムがいいのはいいけど耳触りがよすぎると話が頭に入っていかなくて二回目読むときには内容を忘れてそうな。
10. 8 静かな部屋 ■2010/01/09 19:32:59
音読した

声に出して読みたい日本語in俺にドグラ・マグラと共にノミネート。悪気はない。

おおむね五音・七音で構成されてるのがいい。
11. 3 白錨 ■2010/01/09 23:54:47
筆者様がおっしゃいますよう、詩みたいな感覚でよかったかもしれません。
でも、香霖堂が分かるようなフレーズがあるともっと良かったかも。
12. 2 パレット ■2010/01/10 04:31:37
 むう……ごめんなさい、正直、文章のリズムがいい感じの作品が真下にあることとこの評価とは、無関係ではないかもしれません。
 リズムと雰囲気にだけ特化してる感じなので、個人的にはそれにもう一つなにか加えてもらいたいところでした。
13. 2 椒良徳 ■2010/01/11 16:42:01
個人的な意見ですが、詩というものは非常に難しい題材のように思います。
短い中にも読者をうならせるような表現なりテーマなり思想なりが無いといけないように思うのです。
この作品は少なくとも私の心にはまったくもって響きませんでした。
テーマを冷静にみると、霖之助がお茶を飲むだけの作品ですので、
これで読者を引き付けようと思ったらかなり上手な文章の工夫がいると思います。
しかし、この作品にはそれが無いように感じます。
ちょっとこれでは高得点は入れられません。
とはいえ、あえて難しい題材を選ぼうとすることは素晴らしいことですので、
今後も同様の試みをされるのでしたら、これからの貴方がぐんぐん伸びていくことを期待しております。
14. 5 零四季 ■2010/01/12 21:48:40
雨の日の、呟き?
分かるのだけれど、いまひとつ押しが足りないように感じました。リズムはいいけど、何かが見えてこないようなもどかしさ、のような。
15. 3 詩所 ■2010/01/13 21:36:50
 霊夢じゃなくて霖之助だったとは。
 ”僕”が出てくるまで気がつかなかったです。
16. 5 deso ■2010/01/14 01:55:21
しんみりと落ち着く風情。
個人的には、何か一ひねり欲しいところですけど。
17. 3 2号 ■2010/01/14 20:52:04
雨のリズムを楽しみました。
東方でんくても成り立ちそうなところは少し気になったかな。
18. 5 やぶH ■2010/01/14 22:12:15
これはリズムが良いですね。ちょっと香霖にしては可愛い文な気もしますけど、案外中身はこんなものだったり(笑)
詩のコンペであればもう少し高く評価したいのですが、SSとしての面白さということで、この点数でご勘弁。
19. 6 774 ■2010/01/14 23:53:24
なんかSSじゃないような気もするけど、こういうのも良いですね。お茶飲みたくなってきた。
20. 1 八重結界 ■2010/01/15 08:47:14
雨に拘りすぎて本筋が薄すぎたかと。
21. 4 時計屋 ■2010/01/15 21:14:32
 タララタララという雨音の表現がいいですね。
 雨の日の読書というものの情趣が伝わってくるようでした。
22. 5 如月日向 ■2010/01/15 22:21:54
 七五調のテンポ、五感に訴えかけてくる雨の日の情景。よく考えられているなと思います。
 ただ霖之助らしさを出すためにか、ややテンポに乱れがあるのが気になりました。
 
〜この作品の好きなところ〜
"タララタララと音が鳴る。
それは降り頻る雨の音。"
 
 この一節が印象的で、作品に味を出していますねっ。
23. 3 木村圭 ■2010/01/15 22:46:34
心地よいリズムが物語の導入にぴったり。
ただ、これだけで完結されるとただたださらりと流れてしまう。
24. 1 ■2010/01/15 22:57:03
仕方ない。
こういう生活してるんだろうから。
感想が湧きにくい話だなぁ
25. 2 近藤@紫 ■2010/01/15 23:22:35
(´・ω・`)
26. フリーレス FJ ■2010/08/11 11:13:42
タララタララのあたりが本当によいとおもいました
名前 メール
評価 パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード