彫刻家 森野政順のホームページへようこそ

日々のこと

蜻蛉野〜akitsuno〜2009  

2009年、1年間の妻のブログです。

2009.12.18 Fri. 雪  

画像の説明

12月16日に初雪、18日はこのようにつもりました。
寒い寒い川上村です。
あっという間に冬です。今年はたくさんの新しい出会いがあり、
とても楽しく過ごせました。
絵本作家・画家のスズキコージさん、大畑いくのさん。
10月には京都の2人展にもおじゃましました。原画のほか、
素敵な作品がいっぱいで、京都の町屋風のギャラリーが、お二人の世界で満たされ、
まるでおもちゃ箱のようで、素敵でした。子どもたちも2か月ぶりの再会に、おおはしゃぎ!
いつもあたたかく、親切にしていただいて、ありがたいです。

画像の説明

お仕事を通してお会いできたフラワーアレンジメントの先生
も、とても素敵な方です。作品もとても美しく、大好きです。
準備から指導までとても丁寧にしてくださったので、みな、
楽しくクリスマスのアレンジをすることができました。
ありがとうございます。またご一緒できる機会が増えると
いいなぁ、と個人的にも思ってます。
ほかにも、村の図書館の活動に少し関係させていただいたりもしています。図書館大好きの私には、とても嬉しいことです。来年も、引き続き、実り多い年になればよいなぁと、思います。
お世話になった皆様、来年もよろしくお願いいたします。

2009.11.22 Sun. 祝・結婚!  

家族が一人増えました。
今日、弟が婚姻届を提出しました。
「いい夫婦の日」に結婚。
可愛くて、しっかり者のお嫁さんと幸せな家庭が築けることと思います。おめでとう!
素敵なお嫁さんが来てくれて、みな喜んでいます。

子どもたちの七五三は、川上村の丹生川上神社でご祈祷をしていただきました。
着物を気に入っていて、妙にテンションの高い2人でした。
大きくなったものです。感無量。
日本の伝統に則った行事というものが、この村に来てから、
特に子どもが生まれてから、とても良いものだと感じるようになりました。

みんな、おめでとう!

2009.10.22 Thu. 七五三の準備  

画像の説明

今年は、兄妹揃って七五三です。息子の着物は、パパが30数年前に着たものです。おじいちゃんおばあちゃんに、それをいただきがてら、
2人の着物姿を見せに行きました。息子が着た着物を、孫が着るというのは、おじいちゃんたちも感慨深いのではないでしょうか。上げをしてある丈がちょうど好いところを見ると、身長も同じくらいだったのでしょうね。息子が生まれて、「七五三の着物、あるよ」という話を聞いた時は、まだまだ先のことと思っていましたが、もう使う年になりました。
娘の着物は、ママの親戚が着たもの。確か、7歳の着物は、ママのがあるのではないかしら?

2009.10.02 Fri. 10月ですねぇ  

画像の説明

9月は、千本づきという村のお祭り、子供の運動会があり
楽しい日々の中、あっという間に終わりました。
写真は、川上村東川の千本づきという豊穣祭です。
子どもメインのお餅つきで、お餅まきもします。
こういう、川上ならではの地域のお祭りが大好きです。
伝統のある年中行事が今も受け継がれていて、生活とともに自然にある感じが魅力的です。

シルバーウイークには、東京から友人夫妻が遠路遥々きてくれました!「遠かったよぉ!」と言っていました。そうでしょう。2泊3日のうち、ほぼ2日は移動ですもの。よく来てくれました。感謝感謝。
奥様とは大学時代の友人で、昔は2人でイタリア旅行に行ったりしました。2人の子どもが生まれたときも、2回とも真っ先に会いに来てくれました。
優しくて素敵な旦那様とともに、幸せな姿を見せにきてくれて、本当に嬉しかったです。
子どもたちも喜んでいました。

人の出会いが一番の宝。いつもそう思います。

2009.09.10 Thu. 匠の聚「山のふゑすた」  

9月の連休に開催される匠の聚「山のふゑすた」。森野のワークショップについてはNEWS
UPしましたのでご覧ください。

高遠での興奮が冷めぬままの森野家ですが、新しい出会いの中で、今後の楽しみな企画も
増えて、ワクワクしています。
毎年秋は、何かと忙しく、あっという間に12月になります。
今年は、新たな挑戦も多く「実り多き秋」となりそうな予感。楽しみです。

2009.08.31 Mon. 高遠ブックフェスティバル  

画像の説明
画像の説明

8/29-30に開催された高遠ブックフェスティバルに参加するため、長野県伊那市に28日から3日間滞在しました。
伊那には私が東京で仕事をしていた頃の同僚?上司?が在住。そのご夫婦とのご縁で、高遠ブックフェスティバルへの参加が叶いました。
スズキコージさんのワークショップに森野も参加。
コージさん、とても素敵な方です。
3対の山車をみんなで作りました。ここには写りきらない、大勢の人が一緒に制作しています。とても天気が良い日に、大好きな、偉大なコージさんと一緒にみんなで作業するワークショップは、本当に充実していました。子どもは子ども同士で元気いっぱいで交流を深め、仲良くなり、親とは別の次元で、新しいお友達と充実した日々を過ごせ、独自に楽しめていたようです。
伊那には独身時代に、前述のご夫婦を頼り、何回か訪れました。
バイタリティのある素敵なご夫婦なので、このご夫婦の周りには、人が自然に集まります。
チャンゴを演奏して下さった十兵衛さん、その太鼓の音に刺激され、我が息子は、携帯していった太鼓(おもちゃですが)を出してきて「ぼくも!」と叩きはじめ、即興でコラボしていただきました。言葉ではない、技(20日のブログ参照)での交流をする我が子を見て、この子も芸術家の血だなぁ、と、なんだか4歳の小さな背中が大きく見えました。
画家の大畑いくのさん。とっても魅力的な、素晴らしい雰囲気をお持ちの方。またお会いできる日を楽しみにしています。
しばらくぶりにお会いできた方もいて、ひさしぶりの家族旅行にもなったこの2泊3日は、本当に良い日々でした。

2009.08.27 Thu. 地域コーディネーター  

6月から、川上村の地域コーディネーターという仕事をしています。(6-7月のブログが少ないのは、そのため。)
学校教育・学校運営に地域の皆様のお力を貸していただくための、調整役・・・的なお仕事です。
子どもが小さいので、今まで小学校・中学校にはご縁がなかったのですが、とても素敵な先生が多くおられ、楽しくお仕事させていただいています。
へき地と呼ばれる地域ですが、先生方、魅力的です。人の縁をとても大切に思います。

2009.08.20 Thu. 蜻蛉玉ワークショップ  

8/12-14に匠の聚でおこなわれた蜻蛉玉のワークショップには、多数ご来場いただき、
誠にありがとうございました。
匠の聚で9月の連休に開催される「山のふゑすた」では、9/20-23にガラスアート等の
ワークショップを担当します。どうぞよろしくお願いします。

画像の説明

さて、久し振りのブログ更新です。
お盆に行われた、川上村の夏祭りで、
今年初めて、息子が太鼓で出演しました。
太鼓の練習が大好きで、家でも小さなマイ太鼓で練習していました。
また秋のお祭りで披露できるとのこと。楽しみです。

暦の上では秋になりました。この秋は、いままでにない初挑戦も多く、イベント盛り沢山。
頑張りたい森野家の芸術の秋です。

2009.06.28 Sun. 七夕飾り  

画像の説明

今日は、近所のお宅に笹を分けていただき、
子どもたちと飾りを作って、七夕飾りをしました。
地区の皆様のやさしいお心づかいのおかげで、
子どもたちは様々な四季折々の行事を経験できます。
ありがたいです。
「みんなと元気になかよく遊びたい」から、
「あんパン食べたい」というストレートな?お願いごと
までありますが、どうかかないますように。
ママの誕生日が近いので、なぜか七夕飾りに向かって
ハッピーバースディを歌う子ども・・・。
なんだか、クリスマスとも区別がついていないような。

2009.06.04 Thu. 梅仕事  

画像の説明

2月から目を楽しませてくれた梅。実が今年も大きく成長。
梅の実で、ジャムやシロップを作るのが我が家の6月のお楽しみ。
家の前で、子どもたちはパパと楽しく梅を取り、
ママは、ジャムを作るなど、処理班です。
今年は、小分けにし、梅ジャム・梅シロップ・梅サワー・梅酒に
しました。疲れをとる、夏の味です。

2009.05.24 Sun. キャンドルナイト  

画像の説明

昨夜は、家の前の広場で、
匠の聚のキャンドルナイトが
開催されました。
子どもたちも、とても楽しんで
参加していました。
ちなみに、
ブログ内の、アートフェスティバル
の写真に写っている竹の骨格が、
このようになりました。
初めて試みでしたが、大成功でした。楽しかったです。スタッフの皆様、お疲れ様でした。

2009.05.21 Thu. キャンドルナイト間近  

画像の説明

毎年、我が家の庭に、アスパラが生えます。
実は、我が家は種を撒いていないんです。
近所のお宅から、飛んできたようです。
最初の年は、数本でしたが、
今年はもう、1日2本は収穫できる勢い。
家族皆、アスパラが大好き。
完全無料の国産・庭産アスパラ、ありがたいです。

さて、5月23日(土)19:00-21:00に匠の聚で、キャンドルナイトが開催されます。
初めての試みです。ただいま準備中。詳しくは匠の聚まで。

2009.05.07 Thu. アートフェスティバル終了  

画像の説明

GW2日〜6日まで例年通り、匠の聚の
アートフェスティバルに参加しました。
蜻蛉玉・ガラスアート・消しゴムはんこのワークショップを体験して下さった皆様、個展会場に
ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。
バルーンアートの風船を飛ばす瞬間の写真です。子どもたちも、喜んで参加しました。
土に帰りやすい素材を使った風船だそうです。
我が家の子どもたちは、この5日間、親がこのイベントから離れられないので、
一緒にお仕事でした。
手伝って下さった学生さんたちがとてもよくして下さり、子どもたちは楽しんで過ごせたようです。
皆さん、またのお越しをお待ちしております。

2009.04.10 Fri. 入園式  

画像の説明

下の子の入園式でした。
娘を含め2名だけのこの学年。2人を迎えるための入園式でした。
紅白まんじゅうをいただき、
みなさんに「おめでとう」と言っていただき、嬉しそうにしていました。
写真は家の近くに生えた「つくし」です。

2009.04.07 Tue. 桜満開  

画像の説明

今年は、匠の聚の敷地内で早咲きの桜が
咲いたのは早かったものの、
家の前の桜は、毎年と同じ時期に
満開を迎えました。
今は、こぶしの白と、桜の薄ピンク色をはじめ、
白系の花がたくさん咲き、景色が綺麗です。
紅梅から始まる、匠で花を楽しむシーズン。
赤からだんだん淡いピンク、白に変わり、
このあとは、やまぶき色の景色が楽しめます。

2009.04.02 Thu. てぬぐい  

新商品「TENUGUI de 消しゴムはんこ」。
その名のとおり、和晒に、消しゴムはんこで柄をデザインしました。
てぬぐいは、タオルと違い、かさばらない・すぐ乾くという利点があり、
最近はエコ商品としても人気のありますね。
私も、大好きでいろいろ使っています。
端は、切りっぱなしであるほうが、乾きやすく裂きやすいという、
これも日本文化の優れた知恵。

画像の説明

やまぶき:川上村のシンボルの花

画像の説明

桜:匠の聚は今週末あたりが満開?

画像の説明

四つ葉:幸せをよぶてぬぐい?

画像の説明

こいのぼり:こどもの日に向けて

匠の聚売店にて販売中。どうぞよろしくお願いいたします。

2009.03.18 Wed. 個展  

5月のGWに毎年開催される匠の聚のアートフェスティバルで、
森野政順個展を開催する予定です。
どうぞご期待下さい。
日程等は、改めてお知らせします。

2009.03.12 Thu. じゃばら飴  

画像の説明

和歌山県北山村限定特産品「じゃばら飴」を、あるお店で発見して、
買おうかな?と迷った翌日から、「じゃばら飴」が花粉症に効くと、
TVで取り上げられているのをよく見かけるようになりました。
家族の花粉症対策のため、早速購入。北山村が近くてラッキー!
私は花粉症ではないので、自分で試してもわからないのですが。
薬が効かない!と嘆いている千葉の母。
早速送ってあげなくては。

2009.03.08 Sun. 梅満開  

画像の説明

6日に川上村に帰宅。
千葉に行く前は梅が咲き始めたころでしたが、
帰ってきたら、紅梅・白梅ともに満開になっていました。
しばらく千葉に行って帰ってくるといつも感じるのが、
圧倒的な夜の暗さ。

千葉の実家でのこと。夜に雨戸を閉めるためにカーテンを開けると、子ども曰く、
「夜なのに真っ暗じゃないのはなんで?」
そうだよねぇ。不思議だねぇ。電気がいっぱいついているからだねぇ。

2009.02.20 Fri. スローライフ  

川上村には、コンビニやスーパーマーケットがありません。信号もあまりありません。
私たちが住む山は、山頂の「匠の聚」に辿り着くまでの林道には、街灯もありません。
川沿いでは、夏になると、蛍が見れる所もあります。
「真っ暗」になるからこそ。だから、星も綺麗です。
便利なものがないのは「不便」でもありますが、そのおかげで得られる(得られるではなく、保てるでしょうか)ものも、いろいろとあります。
澄んだ空気とか、静けさとか。
そういうものは、無くしてもあまり気がつかないけれど、「ある」場所に行くと気づくもの。

今、辻信一さんの本を読み、スローライフとはなんぞや、ということを、改めて勉強中。

川上村だから発信できる何かが、たくさんあるような気がします。

2009.02.16 Mon. 千葉  

子どもたちと私は、所用でしばらく千葉へ。昨日、名古屋から新幹線に乗って、千葉に来ました。
今は、千葉からのアップロードです。
子どもたちがもっと小さいときは、新幹線での2時間が結構大変でしたが、
最近はもう慣れてきたようで、前のように動き回りたがったり、泣いたりしなくなりました。
今回からはベビーカーも不要。成長を実感しました。
パパはひとりで奈良でお留守番です。川上の皆様、パパをよろしくお願いいたします。

2009.02.11 Wed. CAKE  

画像の説明

全員の体調が完璧になって数日経ったので、
パパのお誕生日ケーキを買い、
昨夜、遅ればせながらお祝いしました。
1月の息子の誕生日は大淀町の「ラ・ペッシュ」さんのケーキ
だったので、今回は桜井市にある「木風」さんのケーキです。
今回は一番小さいサイズにしましたが、あまりのおいしさに
全員即完食!もっと大きいのにすればよかった〜。
「ラ・ペッシュ」さんと「木風」さんという、かなりレベルの高いケーキ屋さんのおかげで、
みんなの誕生日は、いつも大大満足です。
千葉の帰省時にデパチカで買う数々の有名店のケーキより、私にとっては美味しいです。
どうぞ両店さん、もしも大都会に進出なさっても、今のお店は続けて下さいませ・・・。

2009.02.09 Mon. 「家族合わせ」というゲーム  

「家族合わせ」というゲーム、ご存じですか?
私の幼少のころ、私の家では、トランプに並ぶメジャーなゲームでした。
4家族ぐらいあって、1家族5人(父・母・子・祖母・犬とか)構成で、トランプみたいにして、
きって配って、やりとりをして、家族を早くあつめたら勝ち・・・というような。
それを、不要になった名刺の裏を利用して、親や祖母が絵を描いて作ってくれて
遊んでいました。
近所の家族とか、サザエさん一家とか、かなりオリジナルなものをつくっていました。

主人に聞いたところ、
家族合わせというゲームの存在を知りませんでした。
でも、面白そう、と、興味深々。
オリジナル家族合わせを作ろうか?と言っています。
出来上がったら、またお知らせします。

2009.02.07 Sat. いろはかるた  

画像の説明
画像の説明

子どもたちとかるたで遊んでいるときに、
ふと、「かるたといえば、小さい頃、いろは
かるたで遊んだなぁ」と思いだしました。
いろはかるたを買うなら、もう一度、自分の
遊んだ滝平二郎さんのあの切り絵のかるた
が欲しい!(でも、売っているのかしら?)
と思い、ネットで探し、購入しました。
絵本でも、ついつい、子供の時に読んだ懐かしいものから購入してしまいます。
このかるたを購入するにあたり、発行元の会社に直接問い合わせ、郵送していただきました。
何せ、川上村は書店がないので・・・。
ご担当いただいた営業部のY氏、ご自身も、子供のころ、このいろはかるたで遊ばれたとのこと、
また、ご出身も奈良とのことで、奈良から東京に行かれたY氏と、千葉から奈良に来た私が、
このかるたで遊んだ記憶を互いに大事にしていることに、お互いに「嬉しい」という話になり、
ご縁を感じました。
届いたとたんの子どもの体調不良で、お支払に行くのに少し時間がかかる旨をご連絡しなくては、と、電話をしたところ、ちょうどY氏が電話を取って下さり、お話もできました。
1つのものをネットで購入したわけですが、通常かなりあっさりしてしまう、ネットショッピングが、
思いもよらず、とても心が温まる交流となったこともオプションとなり、
大切にしたい一品になりました。

2009.02.06 Fri. 誕生日  

今日はパパ・森野政順のお誕生日です。(福山雅治さんもお誕生日です。おめでとうございます。)
子どもたちは「ケーキは??」と言ってます。
でも、全員、胃の調子が、ちょっと無理できない感じ・・・。
もう少し元気になってから、ケーキを食べましょう。
というわけで、今日は、残念ながら胃に優しい和食で。
今回の体調不良で、和食って素晴らしいなぁ、と改めて感じました。日本食が見直されるのがよくわかりました。

2009.02.05 Thu. 立春と梅  

子供たちが次々と体調をこわしました。
その間に、このHP作成に使っていた体験版の作成ソフトの使用期限が切れてしまい、
HPが閲覧できなくなってしまっていたようで、失礼いたしました。
体験版がとても使いやすく、検討の結果、ソフトを購入。
今日からまた再開です。どうぞよろしくお願いいたします。

画像の説明

立春が過ぎ、暦の上ではもう春。
我が家の庭の梅の木が、立春を待っていたかのように、
花を咲かせました。
3月に満開になり、6月には実がなります。
白梅の実はジャムや梅酒として、パパのお楽しみに。
紅梅の実は、毎年子供たちの遊び道具になってしまいます。
あまりうまく撮れず残念ですが、記念の一枚。つぼみも沢山ついています。

2009.01.28 Wed. 温故知新?  

1995年前後に買ったであろう「ザウルス」が、私がずっとしまいこんでいた段ボールでてきました。・・・ワープロ時代のもの?
「通信ができる携帯端末」という位置づけだったのでしょうか?
当時では、画期的だったし、かなり流行りました。
辞書・住所録・メモ・文書作成機能(議事録や送付状などフォームもあり)・電卓
・・・などに加え、FAXや光通信を利用しての「送信機能」が売り。
さらに、手書き文字を認識し、活字に書き換えたりする機能もありました。
その後、携帯が普及し、Windowsやインターネットの登場で、
一般家庭にパソコンが普及し・・・と進み、今があるのですね。
なんだか「逆に新しい!」というような感動がありました。
今また、携帯パソコンのブーム再来のようですが。
この15年あまりで、パソコンまわりの変化は飛躍的だったことが
よくわかる古いザウルスくんとの再会でした。
尚、「携帯電話」「インターネット」とこのザウルスくんの辞書機能で調べても載っていません。

ちなみに、我が家では、手書きメモのページを使い、子どもが文字の練習をして遊んでいます。
TVゲームのない我が家で唯一の「電子機器的の遊び道具」の登場?という状態です。
また、使ってみようかと思っています。

ふと「温故知新」という言葉が浮かびました。
「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」って、素敵な言葉だなぁと、改めて思いました。

2009.01.27 Tue. 川上村からの恩恵  

川上村に住むようになって、
私がそれまで暮らした神戸・大阪・名古屋・東京・千葉という、
比較的都会を住まいとする友人が、
「一度行ってみたい」と興味を持ってくれます。

「あいたいね」と言いつつも、
便利なところに住んでいた時はきっかけができずにいた人でも、
こんな遠い山奥に、わざわざ足を運んでくれるのです。
10年(以上?)ぶりに会える友人もいます。
旦那様やお子様との来訪に限らず、
姉弟、父娘での来訪もあり、
新たに家族ぐるみでお付き合いいただくきっかけにもなります。

「こんな遠い山奥」といいましたが、
だからこそ、魅力を感じて、わざわざ来てくれるのでしょう。

はなはだ個人的な「川上村からの恩恵」に感謝の日々です。

2009.01.26 Mon.  虹  

ブログ移転から1週間経過しました。

画像の説明

今日、外に出てみたら、虹が2つ出ていました。
見えにくいとは思いますが、そのうちの1つを撮りました。
2つとも、微妙にUの字型。普通と反対向きの。
こういうこともあるんですね。
虹を見ると、ちょっとラッキーな気分になります。
そんな気分で虹をみている私と子どもたちの横を、ハスキー犬「ラッキー」君が通っていきました。

2009.01.24 Sat. インフルエンザ  

インフルエンザが猛威をふるっているようですね。
我が子も熱を出し、インフルエンザ!と思いましたが、
2日にわたり通院し、検査したところ、結果は陰性でした。
「風邪」だったようです。
手洗い・うがい励行で、この冬を乗り越えましょう!

2009.01.22 Thu.  アースデイ・キャンドルナイト  

4月22日はアースデイ。ちょうどあと3か月後ですね。
夏至や冬至のキャンドルナイトへの参加など、
今年から少しずつ活動したく、
できることがないか検討中の森野妻です。

2009.01.21 Wed.  企画案  

毎年ゴールデンウィークに匠の聚で開催される「アートフェスティバル」。
様々な芸術体験のワークショップで楽しんでいただけます。
今年も、その企画案の提出の時期となりました。
期間中、日替わりで数種のワークショップを担当する、我が夫。
例年の人気のワークショップもしたい、新しいもの、春らしさ、川上らしさも取り入れたい・・・
と目下検討中。
皆さんに愛されるワークショップになることを願います。

それにしても・・・
寒くて、GWの暖かな日差しが想像し難い、本日の川上村です。

2009.01.20 Tue.  やまびこ  

まだまだ改良・修正を重ねながらの運営で、失礼いたします。

我が家の子どもたちの中で流行っている遊び。
それは「やまびこ」。
大きな声を出し、こだまするのを聞き楽しむという、
なんともシンプルで、この場所ならではの遊びです。
「やっほー」ではなく、「みかん」とか「それから!」などと言っていて、
声を少しずつ小さくして、どこまで返ってくるかためしたり。
山がお返事していると思っているようですが。

画像の説明

雪が溶けたら、子どもたちが「さくらんぼ!」と言いながら
雪の中に埋めていた南天の実が、たくさん出てきました。
この写真は、1粒ずつ埋めているときの写真です。
大きくなったときに、そうやって遊んでいたことを
覚えていてくれるといいなぁ。
何は無くとも、大地があれば、子どもは遊べるようです。

2009.01.19 Mon.  再スタート  

長らくお休みしました。
パソコンが壊れ、プレインストールされたホームページソフトが使えなくなり、
試行錯誤の結果、ここに辿り着きました。

画像の説明

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
私たちの住む山では、10日から1週間、銀世界を楽しむことができました。ここまで「銀世界」が続くのは、ここ数年で初めてのことです。子どもたちは、毎日新雪状態の広場を、子犬のようにかけまわって遊び、満喫していました。

画像の説明

4日には、山の中にある祠、通称「山の神様」に祝詞をあげ、お供えし、14日には2m以上ある大きな「どんど」をしました。
この地区では、昔から受け継がれる伝統行事を丁寧に行います。
新年が始まった、という実感がわく行事です。
このような、伝統行事も交えつつ、日々のことあれこれをご紹介したいと思います。

まだまだ、修正を重ねながらの、ホームページリニューアルですが、
どうぞ宜しくお願いいたします。

powered by Quick Homepage Maker 3.68
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional