彫刻家 森野政順のホームページへようこそ

2011

蜻蛉野〜akitsuno〜2011  

2011.10.22 Sat. 元気です!!  

画像の説明

川上村は、主要道路は未だ寸断されているものの、
この1カ月半で、保育園運動会、小中学校合同運動会、
村民体育大会、千本搗き(写真)など、沢山の元気な
行事が行われました。ちびっこ龍幻も、川上村元気!
のPRのため、頑張って村外のイベントに参加させて
いただきました。息子は今回、大太鼓で出演でした。
我が家では、娘の運動会に合わせて千葉から母が、
先週は、お伊勢参りを兼ねて、神奈川から伯父夫婦の
来訪があり、にぎやかな日々を過ごしていました。
たった一人だった娘の学年にも、8月末頃にお友達が
転入してくれて、娘も喜んでいます。
来月は、「山幸彦まつり」と「全国育樹祭」併催行事で、
ちびっこ龍幻が参加予定です。
その後、東川区では豊穣祭もあります。秋はイベントが目白押しです!
川上村は元気です!!

2011.09.10 Sat. がんばろう!川上  

画像の説明

台風12号により、9/4夕方に川上村内で大規模な崩落が
起こりました。主要道路が寸断されました。
我が家は丸1日の停電、ケーブル回線数日使用不可
くらいで済んだものの、村内には5日間停電した地区、
まだ水が出ない、水が濁る地区もあるそうです。
崩落現場に近く、避難された地区の皆さん、
また、復旧に奔走してくれている役場職員の皆さんは
本当に大変でした。
でも、川上村は崩落による死者、負傷者はゼロ。
異変に気付いた方が車をストップさせてくれたため、
まきこまれずに済んだとのこと。
現在は対岸の迂回路を、片側交互通行にして通行。
ただ、現場近くにお住まいの皆さまが祀られていた
お地蔵様が土砂に埋まってしまわれたのです。きっと身代わりになって下さったのでしょう。

私も、崩落現場を毎日みながら、迂回路を通っての通勤、子どもの送迎です。
役場・銀行・郵便局・ホテル・道の駅などが集まった、村内の中心部の地区に入る直前の
場所が崩落したので、皆、迂回しても現場近くに行く日々。また、迂回路も現場が一望できる道。
村内の殆どの方が、日々、直面せざるを得ない現実。

それでも、「死者、負傷者がでず、本当に良かった」と言いながら、村民は皆、頑張っております。

観光等、打撃を受けるかもしれませんが、がんばろう!川上。
ちなみに、匠の聚周辺は、崩落現場よりずっと手前。停電復旧した現在、通常通り営業中です。
「私たち、元気です!」の発信もこめて、川上村の子ども太鼓グループ「ちびっこ龍幻」は、
明日、吉野青年会議所主催のイベントで演奏してきます!!

2011.07.25 Mon. 川上村「こころのつながり」プロジェクト最終日  

「こころのつながりプロジェクト」最終日(4日目)。
昨日の晩、川上にもまさかの地震。3/11以降、体感できる
地震はまず無い状態だったのに、こんな時に限って(>_<)。
...このプロジェクトに関わっている人も、そうでない人も、
「参加してくれた方は不安がっていないか」と、
心配をしていました。

結局今日も、息子と二人で途中からイベントに合流させてもらいました。
杉でお箸を作ったり、滝を見に行ったり、またまた川に入ったり!
そしてお別れの時。
我々の姿が見えなくなるまで、バスから手を振ってくれた方もおられ、本当に嬉しかったです。
不安な日常から、一時でも解放されて、家族ですごす時間がもてたのであれば、
それが一番よかったと思います。
また、会えますように!!

2011.07.24 Sun. 川上村「こころのつながり」プロジェクト 続き  

画像の説明

川上村「こころのつながり」プロジェクト、23日は、
白川渡オートキャンプ場で一日遊びました。
素麺流しの台から制作したり、川遊びをしたり、
広くて開放的な、360度緑に囲まれた場所で、
皆さん、のんびりした時間をすごしていただけたかな?
とにかく、子どもたちは、川遊びが大好き!!
我が家の子どもたちも新しいお友達とずっと川にいました。
そして、女の子が元気元気!!なでしこちゃんたち、パワー全開です。
今晩は、星の観察の予定。雲が晴れることを願います。

去年の今日は、川上村でスズキコージさんのイベントをしていただいた日。
ペンキまみれでみんなで笑って過ごしたのが、とっても懐かしい!
元気なイベントが、これからも沢山、川上でできますように!

2011.07.22 Fri. 川上村「こころのつながり」プロジェクト  

画像の説明

川上村「こころのつながり」プロジェクト、
今日から3泊4日の日程で来村してもらっています。
←今日の最初のプログラムは、主人が開く
「ガラスアート」のワークショップでした。
私もスタッフとして参加させていただき、...パパもママも
出る都合上、子どもたちもお手伝い(?)で参加。
うちの下の子は、川上村内に同級生がいないのですが、
参加者の方に2人も同じ年のお子様がいらして、大喜び。
上の子はパパのお手伝いを一生懸命していました。
その後はダムのおなか見学や、夕方からあまごつかみとバーベキュー。
あまごと必死に追いかけっこしてくれた子どもたちは、おなかが膨れると、一人、また一人と
どんどん川遊びへ!旅の疲れもなんのその、いつのまにか子どもたちはほぼ全員、
川の中で遊んでました。川上での数日を、満喫してくれることを心から願います。
明日は、木工やそうめん流しです!

2011.07.16 Sat. 庭  

画像の説明

ピーマンやトマトも、花が咲き、小さい実がなり始め、
育ってくれている模様。私のような、怠け者ガーデナー
でもなんとかなるんだと、少し安心。
今朝は6時から雑草の草引きと支柱作り。
野菜たち、お花たち、頑張れー!
昨日は、保育園のお楽しみ会で、近所の音無川へ。
役員なので、前日からカレー作りでした。
暑い日でしたが、木陰があって、気持ちのよい時間でした。
川遊びは、川上村の夏の楽しみです。
去年の夏は、東京から来て下さったスズキコージさんご一家と、川遊びを楽しんでいました。あれから1年。また夏休みがやってきた!今年も楽しむぞ〜!

2011.06.27 Mon. 枇杷  

画像の説明

今年は、初めて庭の枇杷の木に実がなりました。
そんなわけで、収穫第一号!美味しかったです!
最近はFacebookをはじめ、枇杷の件も報告したところ
東京の友人は、「公園にあった枇杷をよくとった」
長野の友人は、「寒いから枇杷ができないんだよね」
とのこと。Facebook、楽しいですよ。
これを見てくれているご友人たち、いかがですか?

今年は、新たに、ゴーヤ、トマト、ピーマン、オクラ、
スナップエンドウ、朝顔、百日草、コスモスなどを
植えました。なぜか急にガーデニングに目覚めた私。
さて、きちんと育ってくれるでしょうか〜??

近くの川に4人で蛍を見にいきました。でも、今年はまだ、あまりいないみたいです。
急に暑くなったから?雨の翌日にまたいく予定です。

2011.06.19 Sun. 日曜参観  

先週日曜は、小学校の日曜学校でした。小学校の参観は妹も見学。初めての小学校にドキドキ。
参観後、大阪工業大学の先生と学生さんが教えて下さる科学教室が行われ、大興奮!
そして今週は保育園の日曜参観でした。

画像の説明

お遊戯、ゲーム、ドーナツ作りをしました。
保育園の参観ではお兄ちゃんも参加。
一緒になって踊ったり、ドーナツを作ったりと、
まるで現役?のようなお兄ちゃん(^_^;)。
3月までは現役だったもんね。
一家で参加して、楽しい日曜日でした。

2011.06.15 Wed. 川上中学校 学校支援  

画像の説明

川上中学校の部活動支援として、
主人に七宝指導をしてもらいました。
私のお仕事、川上村学校支援地域本部の活動です。

←こちらが作品の一部です。
焼成前(上)と  ・・・釉薬をのせてざらざらした状態

画像の説明

焼成後(下)   ・・・釉薬がとけてつるつるになりました

一昨年は工芸部で七宝、昨年は工芸部で蜻蛉玉、
今年は手芸部で七宝と、ことしで指導も3年目。
政順氏=森野さん家の旦那さんは、中学校でもおなじみに
なりつつあります。今回も部員のみなさんは、色選びや
焼成後に色が変わる様子を楽しんで制作してくれました。
学校支援では、地域の大人の方にお願いして、学校教育の中で様々な経験や知識を
生徒に伝えてもらう事業です。学校と地域が連携する機会が増え、子どもたちの
将来の糧になったり、楽しい経験ができるといいと思います。
来週も制作します。秋の文化祭や、村のお祭りで展示する予定です。

2011.05.28 Sat. 奈良日日新聞  

画像の説明

27日のブログにも書きましたが、奈良日日新聞さんが、
取材に来てくれました。
私たちの気持ちをとてもよく理解して下さって、
素敵な記事にまとめてくださったこと、嬉しく感じています。
偶然にも、娘の誕生日に取材してもらい、
家族の写真も撮ってもらい、
とても良い思い出にもなりました。
奈良南部の他の移住者の方のお話も2、3面に
載っています。結構お仲間がいるものですね。
南部は、医療、雇用、過疎など、様々な問題を
抱えています。それは解決しなければならない課題。

ですが、私は、この標題にして下さったとおり
何もかもが「便利=幸せ」ではないと思います。
便利な生活を得る代わりに、なくさなければならない
ものも沢山あります。
人魚姫が、足を得るために声を無くすのと
ある意味で似ているかもしれません。
ここ川上村には「(便利なものが)ないからこそある(残っている)」ということが沢山あります。
このような時代に、このような場所からしか発信できないこともいっぱいあると思います。

記者のHさん、ありがとうございました!

2011.05.27 Fri. 5月  

画像の説明

GW前くらいから、例年庭に自生?してくれるアスパラガスが生えはじめ、
毎日2〜3本収穫できています。娘のお弁当に入ったりと、色々と活躍して
くれています。
なんと、今まで実をつけなかった庭の枇杷(アスパラガスの隣人)が、
今年初めて実をつけました〜!実はまだ小さいけれど、結構沢山。
これからが楽しみです。(^u^)

画像の説明

昨年あまり実がならなかった梅も、今年は昨年のリベンジ?
というくらい、沢山実をつけています。
例年なら6月初旬に収穫ですが、早くも実が大きくなってきたので、
パパと子どもが第一段を収穫。まずは梅ジャムにしました。
←このような瓶に数個分できました。
このあと何をつくろうかな?と、氷砂糖を買ってスタンバイ中です。

GW後に娘が高熱を出して数日入院しましたが、今はすっかり元気になりました。
20日には、娘と私は保育園の遠足で天王寺動物園へ、
息子は小学校の遠足で大阪のビッグバンへ。
21日には、兵庫経由で宝塚のおじいちゃんと一緒に滋賀県のお墓参りに。
好天に恵まれ、久しぶりのおじいちゃんとのお出かけを満喫しました。(^−^)
23日には、奈良日日新聞さんが、我が家を取材に来てくれました。
本日発売の紙面に、4人の写真と記事が掲載されています!
そんな数週間でした〜。

2011.05.03 Tue. 匠の聚 アートフェスティバル 開催中  

画像の説明

4月29日から始まったアートフェスティバル。
毎年GWは、家の目の前で毎日芸術体験。
←娘が作ったコサージュです。
コサージュづくりの他、陶芸、サンドブラスト、絵葉書づくりなど、
色々体験しました。息子は、学校のお友達も来てくれたので、
走り回っていました。明日は何をしようかな?楽しみです。

2011.04.16 Sat. 匠の聚 アートフェスティバル ご案内  

今年もGWに匠の聚でアートフェスティバルが開催されます。
森野のワークショップは下記の日程で行います。

画像の説明

お時間があれば、ご参加くださいね。
4/29ガラスアート(定員50名)1000円
4/30 蜻蛉玉   (定員20名)1500円
5/1 蜻蛉玉   (定員20名)1500円
5/2 ガラスアート(定員50名)1000円
5/3 ガラスアート(定員50名)1000円
5/4 切り絵パズル(定員50名) 500円
5/5 切り絵パズル(定員50名) 500円
(←切り絵パズル 絵合わせゲームです。)

画像の説明

そして今回のアートフェスティバルでは、
いつも川上中学校で学校支援ボランティアとして
フラワーアレンジメントを教えに来て下さる
殿貝真子さんが、
←5/3、5/4に「コサージュづくり」(800円〜)
ワークショップで参加してくれます。
枯れないお花「ブリザーブドフラワー」や
布をつかったコサージュを作ります。

画像の説明

AF期間中には8号棟で殿貝さんのアレンジメント
の作品も展示される予定です。こちらも楽しみです!
(←左の写真は、今年の3/9に川上中学校で指導して
下さった時の、生徒の作品です。)
詳細は匠の聚HPのアートフェスティバルPDFまで。

2011.03.27 Sun. 東京 奈良まほろば館「匠の聚展」他  

3/19から、余震や計画停電など、大変な時期にもかかわらず、
東京の奈良まほろば館では匠の聚展を予定通り開催していただけました。
本当にありがたいことです。
関係者の皆様、また、ご来館下さった皆様に心より御礼申し上げます。

3/23 息子の卒園式でした。
2歳3カ月からの4年間の間に身長は30cm伸び、体重は約10kg増。 
そして、内面も、とても成長しました。
先生方には大変お世話になりました。
卒園式、お兄ちゃんは送られる側、妹は送る側に立ち、
二人とも、しっかりと式ですべきことを行えました。
さぁ、お兄ちゃんはもうすぐ、一年生。
妹にとっては、お兄ちゃんのいない園生活も初めて。
二人とも頑張ってほしいものです。

3/26は、川上村に浪曲師の春野恵子さんと玉川奈々福さんが来てくれました。
子どもたちも一緒に行き、特に娘のほうが楽しんでおり、得意の大声で
恵子さんや奈々福さんに「日本一!」と叫んでいました。

2011.03.12 Sat. 大地震  

昨夕からの地震で、東北や関東が大変なことになっています。
関東には家族や親戚、友人が沢山います。
家族とはメールのみ連絡が取れているものの、
みんながどうしているか、今後どうなるかが心配です。
昨日メールで連絡のとれた友人は、帰宅のため
歩いているところ・・・とのことでした。
義妹も、かなり大変な思いで、深夜に自宅までたどり着いたようです。
こんなことが起こるなんて、予想していませんでした。

私は、阪神大震災の時は東京におり、
今回は奈良におり・・・
今回も遠くから心配することしかできません。

皆様、どうぞご無事でいて下さい。

2011.03.05 Sat. 東京 奈良まほろば館「匠の聚展」  

NEWSでもご案内しております通り、
東京日本橋三越前の奈良まほろば館で「匠の聚展」を開催します。
森野の作品を多数出品しますので、
関東在住の方、
お近くにお越しの際は是非見に行ってあげて下さい!
よろしくお願いいたします!

2011.02.11 Fri. 読書 読書友 資格  

画像の説明

大晦日からの大雪などで、家の前の駐車場は、天然の
スケートリンクのように1か月以上凍っていました。
2〜3日前の暖かい日差しでやっと解けたばかり
・・・なのに、ジャーーン!また真っ白に。

さて、標題について。
川上村に来るまで、読書とは縁遠い生活でしたが、こちらに来てから3年ほどは
ペーパードライバーのまま過ごしたため、知り合いも少なく、本が友達の状態でした。
川上村は、村としては珍しく図書館があります。話題本も予約待ちが少ないので早く読めます。
プラス、近隣の市立図書館2つからお借りして、色々な本を読んでいました。
今や活字中毒状態。
現在のマイブームは、高田郁さんの小説をきっかけにはまった時代小説。
読みすぎで、気分はお江戸。今は宇江佐真理さんを読破すべく頑張っています。
読書メーターというサイトがありまして、そこでは自分の読書記録管理や、
読もうとしている本の書評が見られたりします。これも楽しく使っています。

私には、四半世紀の年齢差のある年下の「読書友」、いや、私としては
「読書親友」と呼びたいような、読書傾向が抜群に合うお友達がいます。
好きな本の話に花が咲き、この本のここがよい!とか、この作家さんはこういう経歴で、とか、
あれ映画化するけど例のシーンどうするの?とか、実写化するならキャスティングどうするとか、
(私たちは監督か!?笑)
いやはや、こんなことは同じ本を読んでる人としか話せないので、超楽しいのです!
(現在、お友達は受験勉強中。お邪魔にならぬよう、本の話はちょっとお休み中。)

会話が弾むにつれ、若い読書家と接する大人として、周りの方にも安心される良い形で
関われればよいなと思い、昨年、学校図書館司書教諭の資格取得の勉強を開始。
昨年末に単位を全て取得。修了証書は3月に届く予定です。
修了証書が届く頃、友は卒業証書を受け取る時期です。

人生、色々な方との出会いがあり、刺激を受け、学びます。
私に大切なきっかけをくれたのは若い若いお友達でした。感謝。

2011.02.09 Wed. 環天頂アーク  

画像の説明

←2日の朝見えた、環天頂アークです。
2009年の1月にも見ているこの逆さ虹。
(2009年のブログに載せています。)
雲の中に六角板状の氷晶が存在している、
風が弱い、太陽の角度、など様々な条件が重なって
見える現象です。前回と違い、色もくっきり!
子どもたちの登園時に発見。子どもと興奮して見たあと、
職場である学校に出勤し、開口一番「逆さ虹です」と
理科の先生に報告。(この写真は先生が撮られました。)
この「環天頂アーク」という名前も教わりました。
皆さまより、空を良くみている、とのご指摘あり。
確かに、経験上、逆さ虹は、空の「真上」に出ているんです。目の前ではなく、真上を見る人は
あまりいないかもしれませんね。この時も、太陽のある場所から、0、90、180度の位置に途切れて
虹?暈?が見えていたので、それをたどっていき、環天頂アークを見つけました。
東京で働いていたときは、空を見る余裕がなかったような気もします。星もよく見えないし。
川上村は空も澄んで青く、その青さだでも見る価値があるのです。
実はこの数日前にも環天頂アークが出ていたそうです。

立春も過ぎ、少し暖かくなり、家の前の梅は、今年も咲き始めました。
花は暦通りにきちんと成長しています。梅の花で毎年春の訪れを感じます。
今年は実が沢山なりますように。

2011.01.28 Fri. 12月@鎌ヶ谷  

画像の説明

12月中旬から、所用で1週間ほど千葉の実家におりました。
日ハム斉藤投手入団で注目されている鎌ヶ谷市です(笑)。
千葉滞在中、子どもとディズニーランド&アンデルセン公園に。
今年最初のブログで、娘がかぶっている帽子、ディズニーで
買いました(横の写真でも二人がかぶっていますが)。
クリスマス前のディズニーランドに行ったのは初めてで、
いつもと違うクリスマスムード満点の世界に、大満足!
(おそらく、子どもより、ママが一番楽しんでおりました。)
アンデルセン公園とは、実家の近くにあります。
体験教室もたくさんあり、そういう意味では
ここ匠の聚に似ていますが、とても広い庭園でもあり、
都会の喧騒を忘れるような、落ち着いた雰囲気です。

画像の説明

ジェルキャンドルを作るワークショップや、
(←制作中のキャンドル)ランプシェード
を作るワークショップで楽しみました。
別の日に、私は国立劇場で歌舞伎
「仮名手本忠臣蔵」を観劇し、同日
都内でスズキコージさんの展覧会を鑑賞。
コージさんに久しぶりにご挨拶できました。
その日は留守番していた子どもたち、おじいちゃんおばあちゃんに「今日もアンデルセン公園
に行きたい」と言ったそうです(休園日で残念)。今回が2回目でしたが、大のお気に入り
スポットになっています。「のんびりしている」「工作ができる」という環境が一番良いというのは、
さすがパパの子だと感心しました。

2011.01.21 Fri. 先週のとんど  

画像の説明

14日、波津垣内のとんどを行いました。
お正月や週末に行うようになっている地区が多い中、
波津は昔通りの14日に毎年開催。
前の週末にとんどの準備をします。
場所は、我が家の目の前にある、匠の聚の広場です。

着火後、本年度の組長Sさんの祝詞、その後は
燃え上がる火を見ながら、みんなでお神酒を頂き、

画像の説明

するめやお餅を焼いたり、豚汁で温まったり。
お正月の初寄りに続き、波津垣内の住民で集まる日。
3時間くらい火を囲んでからだを暖めながら、
おしゃべりが続きました。
これだけとんどの火にあたったら、今年は健康で
過ごせそう!!
子どもたちは、一番若いお兄ちゃんがずっと遊んでくれて、
とても楽しかった様子。Iさん、ありがとう!

2011.01.19 Wed. 東京で  

弓祝式の様子を、かわかみブログ1/11杉の湯のブログで、紹介して下さっています。
かわかみブログでは、私のブログ更新を楽しみにしてくださっているとの
お言葉まで書いて頂き・・・今年はちゃんと更新しま〜す。頑張りま〜す。
ありがとうございます。励みになります。
波津のとんどの様子は、後日更新します。

昨日は、所用で日帰りで千葉&東京へ。5時前に出発、21時帰宅。
18〜19日、日本橋三越前の、奈良まほろば館で、川上村も観光PRに参加する
とのことでしたので、母とともに顔を出してきました。
Shopもいいものがたくさんありました。観光関係のブースも大盛況!でした。
東京で川上の方にあえて、なんだかほっとしました。(笑)
皆様、お疲れ様でした!

「奈良まほろば館」には、蚊帳ふきん、あかしやの筆ペンなど、
私が愛用している奈良の商品も色々ありましたよ。
関東在住の皆さまも是非!三越の正面です。
近くにある天松さんの天ぷらも絶品です。

2011.01.09 Sun. 弓祝式(ゆみえしき)  

画像の説明

弓祝式は、東川で1100年以上続く鬼退治の儀式です。
西暦902年、諸国に疾病が流行し、東川も同様でした。
白山大権現の神力にすがり、悪魔を退治しようとしたのが
弓の名人東弥惣(ひがしやそう)で、904年1月9日、
弥惣がついに悪魔の化身を見出し、弓矢で倒した
といわれています。以降、1月9日を悪魔払いの日と定め
弓祝式を行っています。
弓祝式は神式と仏式が一緒になった「神仏混交儀式」。
平成12年には村無形文化財に指定されました。

毎年東川地区に住む人から3人の射守を選出。
烏川神社にお参りした後、運川寺で由来を伺い、
3名の射手が、運川寺境内から、谷川を挟んだ
烏川神社側にある的に向かって矢を放ちます。

今年は、パパが弓射ちの役をさせてもらいました。
移住してきた我が家でも弓射ちの順番に加えて下さったという村の方のお気持ちがとても嬉しく、
一生に一度のことですので、私もとても楽しみにしていました。
的が遠く、弓を射るのも初めてとあって難しく、先輩方が、あれこれとアドバイスをしてくれます。
「パパがお侍さんになってる〜!」子どもたちも、最後は横に立って、パパを応援。
大人になっても覚えていてくれるといいな。(写真は裃姿のパパ&子どもたち)
終了して帰宅後、今度は14日の波津のどんどに向けての準備でした。
大役を果たし、パパはやっと緊張が解けた様子でした。

2011.01.05 Wed. お正月  

画像の説明

あけましておめでとうございます。
30日から降り出した雪が、
大みそかには大雪に変わり、
40センチ位積りました。
1月2日は息子の誕生日ですが、
下山できず、ケーキもプレゼントも延期。
その分、同じ匠の聚に住むお姉さんに
遊んでもらい、楽しい誕生日でした。
4日は私たちの住む波津垣内の「初寄り」。
みんなでお供えを作って、それを持って
山の神様へお参りにいきます。
次の日曜、9日は、東川で西暦904年から
1100年以上受け継がれている「弓祝式」
という儀式があります。
今年はパパが弓射ちのお役を務め

powered by Quick Homepage Maker 3.68
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional