彫刻家 森野政順のホームページへようこそ

2012

蜻蛉野〜akitsuno〜2012  

このHPを担当する、妻のブログのページです。
彫刻と関係ないことのほうが多いですが、川上村での生活をお伝えできればと思います。

2012.04.07 Sat. 「元気です。川上村物産展」  

4/7-8 川上村役場前で開催される「元気です。川上村物産展」で、
森野政順による蜻蛉玉ワークショップを行っています。

昨年9月の紀伊半島大水害で川上村の主要の国道が土砂崩れを起こし、
3月下旬まで迂回路通行が続いていました。
片側交互通行のため、15分近く待つこともあった迂回路でしたが、7か月の間に
役場関係者、工事関係者の皆さんのおかげで、仮橋が開通しました。
「春になると開通する」という言葉を支えに、村民も頑張ってきました。
国道開通=春が来た!
喜びに満ちた川上村です。

2012.03.10 Sat. 2012年全国高校野球選手権大会優勝盾  

まだ満開ではありませんが、梅が咲き、
モノトーンの景色だった冬の川上村にも、彩りが戻ってきました。
春はそこまで来ています。

今夏の甲子園、今年の全国高校野球選手権大会の地方大会、全国大会の盾、メダルの
原型制作を森野政順が担当させていただいてます。
昨夏から取材を重ね、デザインをおこし、やっとそれぞれの原型ができあがり、
朝日新聞さんに納品することができました。
球児たちが青春を捧げている野球。その桧舞台となる甲子園。
球児たちの思い出となる品の制作をさせていただけるのは、有難いことです。
今年の夏が楽しみです。頑張れ!全国の高校球児!

テレビで盾やメダルをご覧になられたら、「あれか!」と見てあげて下さいね。** 2012.03.3 Sat. 奈良新聞 [#nca2cfb6]

画像の説明

先日、川上村プレスツアーなるものがあり、
森野アトリエにも出版社さん、新聞社さんが
取材に来て下さいました。
そして、奈良新聞さんが3/3朝刊の一面で
川上村プレスツアーの記事と森野アトリエの
写真を掲載してくれました!!
←ありがとうございます。

話は変わりまして・・・。
私(妻)は、昨日、所用で雪の降る川上村を
朝出発し、和歌山県白浜町へ。
モノトーンの景色、氷点下の川上村から
西へ向かい、和歌山県に入り海が見え始める
と、ぽかぽか陽気になり、白浜は16度!
(セーターやブーツで行ってしまって、
恥ずかしかったです。)打ち合わせも順調に
進み、様々な良い刺激を頂き、春も感じる
ことができた、素敵な1日となりました。

2012.02.20 Mon. 弓祝式、どんど、御朝拝式  

画像の説明

2月5日、川上村の金剛寺・自天親王神社
で行われた第555回御朝拝式を見学。
以前から行きたかった御朝拝式に
初めて行くことができました。
1月9日=弓祝式(写真上)、
1月14日=波津地区のどんど(写真中)、
2月5日=御朝拝式(写真下)と、

画像の説明

全て日にち固定で開催のため、
全てが土日祝日に重なってくれた
今年は、全てを子どもに見せることが
できて幸いでした。
今年は、どんどを作る準備にも参加
したので、楽しかったです!

私は、このような行事が、寺社仏閣の
行事というより、住民による住民の
ための生活の一部という形で行われる
様子や、それを何百年と絶やさず受け
継いでおられるところが
「丁寧な生活」と感じて、大好きです。

画像の説明

子どもが少なくなっている中、
大切な伝統を継承できるのか心配です。
現在でも、わざわざ遠方から
帰ってきて下さっての参加者も
いらっしゃるようです。

我が子たち、大人になっても覚えていてくれるでしょうか?
今年は御朝拝式と重なって見学できなかった国栖奏、来年は行ってみたいと思います!** 2012.01.21 Sat. 古事記編纂1300年 [#v786f8d2]
明けましておめでとうございます。フェイスブックで情報をお知らせするようになってから、
ブログの更新が少なくなってしまいました。新年を機に、こちらもきちんとUPしようと思います。

画像の説明

さて、今年は古事記編纂1300年にあたる年でございます。
我が川上村も、古事記に縁のある話は多々あります。
例えば、吉野の山の神様は「石長姫(イワナガヒメ)」を
祀っていたり、川上村の井光(いかり)という地区は
「国つ神”井氷鹿”」が出てきたという言い伝えがあり、
西河の蜻蛉の滝では雄略天皇が虻に刺されそうに
なった時に飛んできた蜻蛉(あきつ)が天皇を助けた
といわれています。
1300年前の人が「昔は」と昔話をしている話。
時の流れとロマンを感じますね〜。

私は、三浦しをんさんの小説が大好きなのですが、
しをんさんのお父様は国文学者の三浦佑之先生。
写真は佑之先生の著書から2冊と今月号のサライ。
アマテラスやスサノヲ、やまたのおろち、因幡の白兎など、小さなころに聞いたことのある話も
実は古事記のお話なのですねぇ。
奈良の地名もたくさん出てきますから、奈良県民は楽しんで読めますよ!

お正月、政順氏は消防団の関係で感謝状をいただきました!
今年も、1/9の弓祝式やどんどに参加。いつも通りの1月の行事です。
2/5の朝拝式には、今年こそ行きたい!
そして、今年は、災害の少ない平和な一年でありますように。

powered by Quick Homepage Maker 3.68
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional